« はなす 五感のえほん3 | トップページ | おばあさんのひっこし »

2015年5月 6日 (水)

カワと7にんのむすこたち

7
「カワと7にんのむすこたち」
ークルドのおはなしー
アマンジ・ジャクリー&野坂悦子文
おはまこと 絵
福音館書店 本体1400円


むかし、カワという鍛冶やがいました。カワには7人の子どもがいましたが、みんなカワとおなじに働き者でした。ある日この国の王さまのところに一人の男がやって来てなにやら王さまに耳打ちしました。強い王さまにお祝いの祈りを捧げたいというのです。そして、王さまの肩をつかんで何やら言うと立ち去って行きました。次の朝、王さまが目をさますと肩が痛くてたまりません。不思議なことに肩から蛇があらわれてきました。痛くてたまりません。どうしょうもなく苦しんでいるとまた、どこからともなく医者と名乗る男が現れて、”この蛇は神さまからの贈り物なのです”と言います。痛みをとるには毎日羊を2頭捧げることだと言います。たしかにそのとおりですが、捧げものはだんだん増えて羊は全部食べさせてしまい、次には男の子をふたりずつ捧げるように言います。カワは村の子どもたちを山に隠します。カワは悲しがる村人たちに、”必ず春がくる。今は力を蓄えて王さまを倒そう!”と言います。
 カワは王さまを倒し悪魔を追い払いますが、また、”私は鍛冶やだ”といって王さまにならないで村人たちと家にかえります。ーなんとかっこよいカワでしょう!
ー「カワと7にんのむすこたち」は、中東地域で語りつがれた英雄カワの伝説を子どもたちに届けようと、クルド人と日本人の協力によってつくられた初めての絵本ー福音館書店編集部オビからーとのことですが、
でも、遠く離れたあまり日本人にとって馴染みでないクルドという異国の物語という気がしません。世界各地にある英雄伝、人々の願いはどこの国でも同じなのでしょう。カワの息子が7人というのも興味深く思います。

« はなす 五感のえほん3 | トップページ | おばあさんのひっこし »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« はなす 五感のえほん3 | トップページ | おばあさんのひっこし »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

10月の営業とお休み

  • 10月のお休み
    *お休み 2日(月)・9日(月)・16日(月)23日(月)30日(月) *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *よいこ連盟(保育士・なろう とする人)13日(金)7:00〜  「絵本をみる」        *Y・Aの会 読書会(どなたで も)12日7:00〜 「とりあげ る本 赤川次郎の本を読む」   *絵本の会 「絵本づくりの現場から」講師光村教育図書編集・吉崎さん 20日7:00〜(誰でも)           *グループ放課後 読書会「蜜蜂と遠雷」(公共図書館司書・その他)18日(水)7:00〜                  *ボランティア講座 非公開 16日(月)10:00〜       *憲法カフェ26日(火)「教育と憲法2」講師千葉県若手弁護士の会・中島弁護士 9月31日(火)7:00〜         *羊毛チクチクの会ハロウィーンのカボチャをつくる 19日(木)10:30〜                                                                                                                         

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山