お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    <2018年度の募集中!自主講座のグループ もありますが、くわしくは会留府にお問い合わせ下さい、 *ボランティア講座と絵本の会は5月からスタート 参加募集中> ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     7月の予定・くわしくは7月のえるふ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 夏のえるふお話会 21日(土)7:00〜 お話と絵本を読んで+花火をして遊びます。 おとなといっしょです。参加はどなたでも/お申し込み受け付けています。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     *学ぼう語ろう〜9日10:00〜読書会 参加自由  ・・・・・・・・・・・・・・・   *Y・Aの本を読む会 12日(木)7:00〜読書会 ・・・・・・・・・・・・・・・ *羊毛チクチクの会 19日(木)10:30  〜(事前参加申し込み受付)        ・・・・・・・・・・・・・・・       *グループ放課後 18日(水)7:00〜読書会(公共 図書館司書・その他) ・・・・・・・・・・・・・・・          *憲法カフェプラスのプラス2 31日(火)  7:00〜社会保障と憲法  お茶パン付き800円 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      *絵本の会 20日(金)7:00〜今絵本がおもしろい。ポーランドのおはなしと絵本 非会員800円                                                                                                                         

7月の営業とお休み

  • 7月のお休み
    *お休み 変則になります。 2(月)・9(月)・17(火)・22(日)・23(月)29(日)30(月) *営業時間 いつもと15(日)10:30〜6:00 /1(日)・8(日)16(月・海の日)は1:00〜6:00

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山   
無料ブログはココログ

« 町にながれるガブリエルのうた | トップページ | 今森光彦さんの切り絵 »

2015年4月26日 (日)

ふたばからのおたより -4月―

        

             小さな本屋さん

 職場まで自転車で通う。途中の坂道で、保育園や幼稚園の子どもを後ろに乗せたお母さんによく出会う。私も二人の息子を、自転車の前と後ろに乗せ、毎日保育園に通っていた。雨の降る日は、二人に黄色い雨合羽を着せ、週はじめは昼寝用のシーツやパジャマを洗って持たせるから、黒いビニール袋に入れてそれぞれに抱え込ませ、びしょ濡れになって自転車をこいでいたら、全然知らない方から「頑張って!」と声かけられたこともあった。
 その頃は、中学を出て働く少年たちの寮で働いていたから、もっと前の独身時代には本当に遅くまで仕事した。帰ってくる子たちを待って食事を温めたり、たわいない話をしたりした後での帰り道、真っ暗な夜の道端に缶コーヒーの自動販売機がジーとかすかな音を立てて突っ立っているのを見て、「ああ、お前もまだ働いてるんだなあ」と妙な親近感を覚えたりもした。
 そんな中井の下宿のそばに小さな本屋さんがあった。立ち読みの人がぶつかりそうなくらい狭い間口で、女の人が一人でやっていたように記憶する。仕事帰りの人が立ち寄って話したりしていたが、私は特に話すでもなく、顔を合わせて会釈するくらいで、それでもぷらりと覗いて時々本を買った。ただそれだけだったけど、その本屋がとても好きだった。ただそこにあるというだけで好きだった。
 何の盾もなく人間の中でもみくっちゃになる生き方は、自分で選んだはずなのだけど、落ち込んでばかり。一人の部屋に帰ると、人の声も聞きたくなくテレビもつけなかった。休みに近くの蕎麦屋で「ざるそば、一つ」と注文しながら、あっ、今日初めて声出したと思うような日々の中で、時おり、その本屋に立ち寄り、もっと時おり、本を買った。あれから何年も何年も経ち、似たような仕事を続けてきたのだが、いつまでたっても成長しきれない、ちっぽけな私がいる。
 会留府さんとは数年前、仕事を通して知り合った。講演会の書籍販売を急に無理にお願いしたのだけど、快く引き受けていただいた。子どもの本の専門店だが、通りの角っこにあって、見落として通り過ぎてしまうくらい小さな本屋さん。そして多分、時代にもみくちゃにされながら、凛とそこにあり続けてくれることに、私はけっこう勇気をもらっている。今年の暮れに40歳の誕生日を迎えるという会留府さんに、何だかそんな小さな本屋さんへの想いを伝えたかった。          

P1010006_2

 写真は庭に咲いた牡丹の花。牡丹と芍薬の違いがいろいろ言われているが、多分牡丹だと思います。このところ忙しくて、何もかまってやれない庭なのに、今年もけなげに咲いてくれました。                       (の)


« 町にながれるガブリエルのうた | トップページ | 今森光彦さんの切り絵 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 町にながれるガブリエルのうた | トップページ | 今森光彦さんの切り絵 »

最近の写真

  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • P1010131
  • Photo
  • Photo