« テコちゃんとネコネコ | トップページ | だれにも話さなかった祖父のこと »

2015年4月17日 (金)

ちっちゃなサリーはみていたよ

Photo
「ちっちゃなサリーはみていたよ」
ひとりでもゆうきをだせたなら
ジャスティン・ロバーツぶん
クリスチャン・ロビンソンえ
中井はるの やく
岩崎書店 本体1400円


表紙にはいろいろの子どもがいます。人種、髪形、洋服、目の色、その中で一番前で手をあげている女の子がサリーです。サリーはクラスで一番小さいので、誰も気にとめてくれません。返事もするし、学校にもちゃんと行っていたけれど、皆はサリーのことをちゃんと認めてくれていませんでした。でも、サリー自身はどんなこともちゃんと見ていました。そのなかのひとつにトミーのことがありました。だれかが足を出してひっかけたのです。トミーのことだけではありません。ケビンは滑り台で誰かにつきとばされました。ビリーのこともあります。保護者会でビリーのおとうさんはビリーをしっかり外に連れて行ってしまったり、誰かの悪口をいったり、全部サリーは見ていました。ある日サリーは勇気をだしていいます。”みんななかよくしよう!”と。ふんと言った子もいたけれど、みんなが賛成の手をあげます。先生もてをあげます。見て見ぬ振りをするのはやめようというサリーの勇気ある言葉はみんなの共感をよびました。
 この本のオビには「いじめはやめよう」と書かれていますが、私はそれだけでない、このことは民主主義の基本だと思います。サリーだけでなく自分から声をあげる、ちゃんと意見を言うこと。言った人の言葉に耳を傾け自分の意志を態度でしめす、じつはこれはとても大変難しいことです。特に日本では、まわりの空気を読む、出過ぎないが円満な秘訣とされています。自分の意思を示す、これは子どもどころかおとなでも勇気のいるのが今の日本です。個性を大切にといいながら・・・。特にそのような教育をされていない若い人たちを見ていると、<民主主義は時間がかかってお腹がすく>とことあるごとに言うことにしています。時間がたつにつれて嫌なことつごうの悪い事はいわない、なかったことにしてしまう、最近の政治の世界を見ているとつくづく思うからです。
 ちゃんと自分の言葉をもつことがどんなに大切か、解りやすい絵本にして子どもたちに呼びかけている、日本にはなかなかない絵本です。本の力を信じたいと思います。

« テコちゃんとネコネコ | トップページ | だれにも話さなかった祖父のこと »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« テコちゃんとネコネコ | トップページ | だれにも話さなかった祖父のこと »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

7月の営業とお休み

  • 7月のお休み
    *7月2日臨時(日)・3日・10日・ 24・31 日の月曜日               *7月9日・16日・23日・30 日の日曜日は1:00〜6:00            *その他の営業時間3:00〜8:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *グループ学ぼう・話そう 定例会第1月曜日3日(月)1:30〜話し合い  *ボランティア講座 定例会24日(月)10:00〜 テーマ「お話会の小道具づくり 会員」               *憲法カフェ25日(火)3期・7月学習会「いま、福島は・報告と話し合い」誰でも・予約制             *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会12日(水)7:00〜読書会              *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会13日(木)7:00〜読書会宮下奈都「スコーレーNO4」                  *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会14日(金)7:00〜制作「手遊び」                  *絵本の会21日(金)7:00〜ロングセラー絵本の魅力           *羊毛ちくちくの会20日(木)10:00〜制作                                                                                                           

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山