« ジャガーとのやくそく | トップページ | ドングリ・ドングラ »

2015年3月17日 (火)

いのちのひろがり

Photo
「いのちのひろがり」
たくさんのふしぎ4月号
中村桂子・文
松岡達英・絵
福音館書店 本体667円


人はどこからきたのでしょう。この本は生命学に誕生の話が描かれています。あなたからー親(両親)ーから祖父母ーへはどこまでもさかのぼっていくと20万年位前、アフリカに生まれた祖先にたどっていきます。それならその人はどこから来たのでしょう。それは38億年前の大むかしの一個の細胞からとなるそうです。たくさんの細胞が集まって一つの個体になりそれが進化していった、命の繋がりです。海で生まれた個体は陸にあがります。植物も同じ、藻が陸で暮らすようになって草・木・野原・林が生まれてそこに動物たちも加わって来ます。けれど順調に地球が育って来たばかりではなく、上陸後5億年の間に5回も大量のいきものが滅びたとのこと、恐竜が滅びたのは隕石の衝突といわれていることなどが描かれています。
 人類の誕生もアフリカです。そこからあちらこちらに散らばっていきます。いきものは滅びたりしましたが、生き延びたものが新しいいのちを繋いでいのちはひろがっていきます。さまざまないきものはすべてあなたと繋がっている、つまりあなたのなかにそのつながりがすべてあるということがいえます。いっけん昆虫も植物も動物も鳥も違うようにみえますが、すべてがあなたがもっているちいさな細胞と繋がっているのです。「作者のことば」ではこんなことが書かれています。「私たち人間は生ものです」ところでみんなひとつの細胞から進化していったわけですが、そこからたくさんの個体に別れていった、こんなに地球上にたくさんのいきものが生まれていったのはどうしてでしょうか。何が分けていったのでしょうか。たとえばこの本のはじめにでてくる蟻と人はどこで別れて蟻と私になったのでしょうか。生命科学って不思議な学問です。
 文も絵もとてもわかりやすく描かれています。そして、お・ま・け!今月の折り込みふろくは「大陸移動マトリョーシカ・・・現代・ジュラ紀・テボン紀・カンブリア紀」四つの地球儀ができます。

« ジャガーとのやくそく | トップページ | ドングリ・ドングラ »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ジャガーとのやくそく | トップページ | ドングリ・ドングラ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

6月の営業とお休み

  • 6月のお休み
    *6月5日・12日・19日・26日の月曜日                    *6月4日・11日・18日・25日の日曜日は1:30〜6:00            *営業時間10:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *グループ学ぼう・話そう 定例会第2月曜日12日(月)10:00〜話し合い  *ボランティア講座 定例会19日(月)10:00〜 テーマ「科学絵本を読む・非公開」              *憲法カフェ27日(火)3期・6月学習会「いま、福島は・報告と話し合い」誰でも・予約制             *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会15日(木)7:00〜読書会・D・J・ハスケル著「ミクロの森」               *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会8日(木)7:00〜読書会R・M・フイッツジェラルド著「スピニー通りの秘密の絵」   *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会23日(金)7:00〜制作「絵本を読む」                *絵本の会16日(金)7:00〜方言で昔話を聞く・絵本で見る 語り手高橋峰夫さん                 *羊毛ちくちくの会22日(木)10:00〜制作                                                                                                           

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山