« こぶたのピクルス | トップページ | 浮浪児1945- »

2015年3月 9日 (月)

大津波のあとの生きものたち

Photo
「大津波のあとの生きものたち」
写真・文 永幡嘉之
少年写真新聞社 本体1400円


もうすぐに大震災から4年になります。近くになるとマスメデアは朝から夜まで情報というか、問題点はあるけれど、人々はいかにがんばっているかをながしています。特に仮設住宅が期限を迎えるのでそのことが大きなニュースになっいます。不況とあいまって大きな問題だと思います。一方同じ問題があるとしてもやはり福島はもっと複雑です。もちろん原発の問題、放射能の問題が何一つ先にすすんでいかないからです。
 この本は大津波のあとの生き物がどうなったかと描かれています。表面的にみると、マスメディアで取り上げられているように自然は回復しているようです。これからとくに桜が代表されるように春がいっきにひろがっていく季節です。写真の場所は記載されていません。それはほとんどの場所を表しているのだとおもいます。著者は大津波の後の生き物を丹念におっています。昆虫、植物、鳥、キツネも登場します。海があってそばに林があり、森があり生き物はいったりきたりして生きています。というよりその営みがたくさんに生き物を育んでいます。ともかく来る日も来る日も歩き続けます。大津波がおそってきて、堤防がこわれたから浜辺は前より広くなった、そして、渡り鳥が姿を見せ、土の中に埋もれていた植物のタネが地表にでて、花を咲かせる、古くなった木が倒れて陽があたるようになって小さな木が育ったいく、ほんとに奇跡のように、自然の力の強さをおもいます。ところが2015年復興の工事がすすみ、安全な暮らしを守るということで、どんどん埋め立てられ整地され幅広い防がつくられ林と砂浜に分断され、生き物は姿を見せなくなります。そして、土のなかの小さな生き物も姿を消してしまいます。消えてしまった自然、著者は”未来に残すべき自然の豊かさとはなんだろうP43”問いかけます。そんなことはいっていられないよ、生きていかねばならないのだからといわれるかもしれませんが、やはりせめて私たちは問い続けなければならないのです。原発も沖縄の海も同じだということに気がつかなくてはいけないとおもいます。見えないところでも一人一人しっかり思いえがかねばならないのです。

« こぶたのピクルス | トップページ | 浮浪児1945- »

絵本」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« こぶたのピクルス | トップページ | 浮浪児1945- »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

7月の営業とお休み

  • 7月のお休み
    *7月2日臨時(日)・3日・10日・ 24・31 日の月曜日               *7月9日・16日・23日・30 日の日曜日は1:00〜6:00            *その他の営業時間3:00〜8:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *グループ学ぼう・話そう 定例会第1月曜日3日(月)1:30〜話し合い  *ボランティア講座 定例会24日(月)10:00〜 テーマ「お話会の小道具づくり 会員」               *憲法カフェ25日(火)3期・7月学習会「いま、福島は・報告と話し合い」誰でも・予約制             *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会12日(水)7:00〜読書会              *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会13日(木)7:00〜読書会宮下奈都「スコーレーNO4」                  *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会14日(金)7:00〜制作「手遊び」                  *絵本の会21日(金)7:00〜ロングセラー絵本の魅力           *羊毛ちくちくの会20日(木)10:00〜制作                                                                                                           

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山