« リフカの旅 | トップページ | ジャガーとのやくそく »

2015年3月14日 (土)

黒部の谷のトロッコ電車

Photo_3
「黒部の谷のトロッコ電車」
横溝英一 文・絵
福音館書店 本体1300円



今日東京ー金沢を結ぶ「北陸新幹線」が開通しました。わたしが子どものとき10年間住んだところがその路線にあります。けれど今までは長野新幹線か上越新幹線をつかっていたので、富山の方との交通はあまりありませんでした。夏、糸魚川や未明の童話の舞台の海へ遊びに行くことはありましたが直江津からはいりました。新幹線は速いのは良いのですが、まわりの風景をとばしてしまうので用事以外にはあまり乗りたいとはおもいませんが、機会をみて黒部の方には行って見たいと思っています。(乗り物酔いのひどいわたしはちょっとひいてしまいますが)
 この本は2003年4月に月刊誌「たくさんのふしぎ」で出てそれが今回ハード版になったものです。私はちょっと行って見たいと思うのはこの本の舞台黒部峡谷、そしてこのトロッコ電車に乗ってみたい、やっぱり秋の紅葉の時がいいですね。でも、北国の春の山もきれいです。トロッコ電車は11月から5月までお休みです。5月になったら乗ってみたい、春は山が笑うといいます。新緑がとてもきれいです。
 この絵本に書かれているのはまだJR北陸本線の時代、黒部峡谷の入り口宇奈月温泉駅についてトロッコ電車に乗り、この電車がどうしてつくられたか、その背景など、そこで働いている人たちのことなどが書かれています。また、映画「黒部の太陽」や「だむのおじさんたち 加古里子著」を見ると、この鉄道がつくられたときのようすなどがわかります。乗るのに「安全の保証はできません」とかかれた切符をもって乗ったとか、たいへんな難工事だったトンネル工事のようすなどがわかります。それはダム=水力発電=エネルギー、日本の近代化の夜明けのことでした。いまは、ここを通っている黒部峡谷鉄道は観光鉄道ですが、それだけではないことも読んで下さい。(今、再び原発の必要性が問われています。)近代化の前に失ったものも多い、失うものも多いことを常に忘れないようにしなければならないと思います。

« リフカの旅 | トップページ | ジャガーとのやくそく »

児童書」カテゴリの記事

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« リフカの旅 | トップページ | ジャガーとのやくそく »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

7月の営業とお休み

  • 7月のお休み
    *7月2日臨時(日)・3日・10日・ 24・31 日の月曜日               *7月9日・16日・23日・30 日の日曜日は1:00〜6:00            *その他の営業時間3:00〜8:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *グループ学ぼう・話そう 定例会第1月曜日3日(月)1:30〜話し合い  *ボランティア講座 定例会24日(月)10:00〜 テーマ「お話会の小道具づくり 会員」               *憲法カフェ25日(火)3期・7月学習会「いま、福島は・報告と話し合い」誰でも・予約制             *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会12日(水)7:00〜読書会              *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会13日(木)7:00〜読書会宮下奈都「スコーレーNO4」                  *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会14日(金)7:00〜制作「手遊び」                  *絵本の会21日(金)7:00〜ロングセラー絵本の魅力           *羊毛ちくちくの会20日(木)10:00〜制作                                                                                                           

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山