« ぼくは建築家ヤング・フランク | トップページ | じゅんびはいいかい »

2015年2月28日 (土)

カエサルくんと本のおはなし

Photo
「カエサルくんと本のおはなし」
いけがみしゅんいち 文
せきぐちよしみ 絵
福音館書店 本体1200円


しょうたは放課後図書館へ本を借りに行きました。本を持ってイスに座ってひらくと”えっ!なんだ?”本の間から小さなおじさんが出てきました。驚いたしょうたにそのおじさんは”わしはローマの将軍カエサルだ”と名乗ります。そして、しょうたに本のことを教えてあげようと言います。本は前には冊子とよばれていたこと、本の形のことです。そして、そこまでの本の歴史を語ってくれました。まずどうして本を考えたのか。<本はたいせつなことを正確にずっと先まで伝えたいP6>パピルス紙と巻物、カサエルが考えた冊子、本の形は図書館と関係がある、パピルス紙から羊皮紙になり巻物から冊子になる、それには印刷技術の発達ーグーテンベルグの発明そして、紙の発明、中国では早くから紙がつくられていたこと、それが今の本の形になっていることを話してくれました。わかりやすく描かれているので低学年でも理解できるような構成になっています。今は、また技術がかわって新しい電子ブックがでてきています。これがこれからどういうふうになっていくかはまだ、はっきりわかりません。ただ、私は電子ブックに進化していくとは思いません。本と電子ブックは別のもので、本がなくなって電子ブックにとってかわられるとはおもいません。
 ところで本の歴史が描かれている別の本を思い出しました。

5000jpg
「本のれきし5000年」
たくさんのふしぎ傑作集
辻村益朗 作
福音館書店 本体1300円


著者はブックデザインも手がける人でとてもきれいな本になっています。私の好きな本の一冊です。5000年にわたる本の歴史がたくさんの写真とグラフィックでくわしく描かれています。また、読み直してみてますます本はなくなるわけではないという思いが強くなりました。そして、本は人類の歴史を伝えていくもの、未来に繋げていく役割を担っていることをあらためて考えました。

« ぼくは建築家ヤング・フランク | トップページ | じゅんびはいいかい »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ぼくは建築家ヤング・フランク | トップページ | じゅんびはいいかい »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

6月の営業とお休み

  • 6月のお休み
    *6月5日・12日・19日・26日の月曜日                    *6月4日・11日・18日・25日の日曜日は1:30〜6:00            *営業時間10:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *グループ学ぼう・話そう 定例会第2月曜日12日(月)10:00〜話し合い  *ボランティア講座 定例会19日(月)10:00〜 テーマ「科学絵本を読む・非公開」              *憲法カフェ27日(火)3期・6月学習会「いま、福島は・報告と話し合い」誰でも・予約制             *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会15日(木)7:00〜読書会・D・J・ハスケル著「ミクロの森」               *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会8日(木)7:00〜読書会R・M・フイッツジェラルド著「スピニー通りの秘密の絵」   *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会23日(金)7:00〜制作「絵本を読む」                *絵本の会16日(金)7:00〜方言で昔話を聞く・絵本で見る 語り手高橋峰夫さん                 *羊毛ちくちくの会22日(木)10:00〜制作                                                                                                           

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山