ウェブページ

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    <2018年度の募集はじまり ました。自主講座のグループ もありますが、くわしくは会 留府にお問い合わせ下さい、 *ボランティア講座と絵本の会は5月からスタート 参加募集中> ・・・・・・・・・・・・・・・              =5月の予定=    *学ぼう語ろう〜21日2:00〜きみたちはどう生きるか」を読んで  ・・・・・・・・・・・・・・・        *Y・Aの本を読む会 10日  (木)7:00〜読書会「扉守 塩の道の旅人」  光原百合著 ・・・・・・・・・・・・・・・        *羊毛チクチクの会 17日10:30  〜(事前参加申し 込み受付)        ・・・・・・・・・・・・・・・ *グループ放課後 9日 (水)7:00〜読書会「たまたまザイールまたコンゴ 田中真知・著(公共 図書館司書・その他) ・・・・・・・・・・・・・・・       *憲法カフェプラス2 29日(火)  7:00〜選挙法について学ぼう・国民投票ってなんだ  お話 千葉県若手弁護士の会お茶と パン付き800円 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    *絵本の会 18日(金)7:00〜さあはじめよう!どんな絵本を読もうか?!                                                                                                                         

5月の営業とお休み

  • 5月のお休み
    *お休み 3日・4日・5日・7日・14日・21日・28日の各月曜日 *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00
無料ブログはココログ

« ロバのジョジョとおひめさま | トップページ | ちいさくてもできたあ! »

2015年2月 5日 (木)

ねことこねこね

Photo
「ねことこねこね」
林大林・文
山村浩二・絵構成
BL出版 本体1300円


ことば遊びの本、絵本が多くなりました。なかにはことば遊びというより始めから終わりまでダシャレのみというのもあります。なにも難しいことをいうわけではありませんが、ちょっとね!と思う事もあります。
言葉遊び、幼い子どもでは「わらべうた」もそれにちかいものです。「わらべうた」は動作をともなうものが多い、体を触れ合いながらも多いので赤ちゃんからいっしょに楽しむことができます。私は幼いとき母に抱かれたことが少なくて、体を触れ合うのに緊張感があります。そんな子どもにはいっしょに歌いながら遊ぶ「わらべうた」は抵抗がなくて良いと思います。
 この絵本は「ことばあそび」といっても文の区切りで意味が変わってしまうおもしろさです。それと、漢字の働きも加わっておもしろいことになります。そして、絵がその意味を二倍にも三倍にもしてくれます。たとえば、<1ページ目今日は餅つき、お寺に親子のねこがきます。ー猫と子猫ねー><見開きの右ページでは猫も子猫もおしょうさんもー猫と、こねこねー>たとえばーきみの餅、ものすごく多いーきみの持ち物、すごく多いーたしかにひらがなばかりだと意味がよくとれませんが、漢字がはいることによって意味がわかりやすくなります。ひらがなは表音文字で漢字は表意文字、視覚文字から絵につながります。そして、区切りをあらわす句読点のつかい方。言葉って使い方でおもしろいですね。
ー子猫ね、どこだ?ー子猫、寝床だー

« ロバのジョジョとおひめさま | トップページ | ちいさくてもできたあ! »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ロバのジョジョとおひめさま | トップページ | ちいさくてもできたあ! »

最近の写真

  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • Photo
  • Photo_2
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • Photo
  • Photo_2
  • 010311_0