これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山   
無料ブログはココログ

« トヤのひっこし | トップページ | ぼくのまちをつくろう »

2015年1月26日 (月)

あたし、メラハファがほいしな

Photo
「あたし、メラハファがほしいな」
ケリー・クネイン文
ホダー・ハッダーディ絵
こだまともこ訳
光村教育図書 本体1300円


サハラ砂漠がひろがっている国、モーリタニアに住んでいる女の子の話です。女の子はメラハファが欲しくてたまりません。だって、おかあさんのようにきれい、メラハファを着ているセルマねえさんは秘密めいています。街の女の人やいとこやおばあちゃんのメラハファもすてきです。”わたしもほしいな”というとおかあさんは女の子をじっと見つめて頷くとあおいメラハファでつつんでくれました。はじめはきれいになるためにメラハファがあるのではないと言っていたおかあさん、女の子はメラハファがなんのためにあるかわかりました。
 私はイスラム教ののことは何もしりません。ただキリスト教、仏教とならんで3大宗教のひとつということしか、身の回りにイスラム教の人がいないので、ほんのすこしばかりの知識として知っているだけです。だからこの絵本のあとがきにふれているように、むしろメラハファはおしつけられたものとしかわかっていませんでした。でも、それはちょうど木や生き物たちを神として祀る日本人はどんな宗教をもっているのか理解しがたいといわれることと同じかもしれません。いま、不幸なことに世界中でおこっていることは、その理解しがたいことが原因というよりむしろ政治的なことです。資本主義のいきついたところとおもいます。
この女の子が憧れる気持ちがとても色鮮やかなきれいなメラハファに象徴されているように思います。イスラムの神の前に真直ぐに美しくありたいという思い、その文化がゆったりと伝わっていく世界でありたいとおもいます。そのことは決して他の人を抑圧するものではない、もちろん殺傷するものではないと。女の子の弾むような気持ちが描かれている絵本を見ながら思います。

« トヤのひっこし | トップページ | ぼくのまちをつくろう »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« トヤのひっこし | トップページ | ぼくのまちをつくろう »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

連休の会留府

  • 連休のお休みと営業
    *5月1日・2日・3日・4日お休 *5月5日・6日10:30〜6:00   *5月7日1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *グループ学ぼう・話そう 定例会第2月曜日5月 はお休み  *ボランティア講座 定例会15日(月10:00〜 テーマ「絵本を読む・非公開」         *憲法カフェ30日(火)3期・4月学習会「憲法 と共謀罪」誰でも・予約制  講師舩澤弘 行弁護士              *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会17日(水)7:00〜読書会・柚木あやこ 作「本屋さんのダイアナ」                  *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会11日(木)7:00〜読書会テキスト「紅 のトキの空」        *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会12 日(金)7:00〜制作「ぶたちゃんパペット作り               *絵本の会19日(金)7:00〜絵本を読もう  テーマ「詩とことば」                                                                                                           

クリック募金