« えるふ冬のおはなし会 | トップページ | ぼくはうちゅうじん »

2015年1月 5日 (月)

絵本の原画をみること

 ブラティスラヴァ世界絵本原画展が昨日からはじまった
Jpg
2
「絵本をめぐる世界の旅」
ーブラティスラヴァ世界絵本原画展ー
1月4日〜3月1日10:00〜18:00 休館日あり
千葉市美術館




この原画展は2年ごとにスロヴァキアの首都プラティスラヴァで開催されます。日本では板橋区美術館からはじまりこれから各地をめぐっていきます。千葉市美術館へ昨日早速行ってきました。(今日は月曜でおやすみです。)できれば冬休みはお休みがないといいなぁと思います。と、いうのは子どもたちに見てもらいたいと思うからです。絵本の原画はなかなか見る機会がありません。最初に来た時は夏休みだったのでずいぶんと子どもたちがきた、中学生が多かったのは宿題だった?というエピソードが残っています。
そうおもうのはこれも昔、マーシャ・ブラウンの「三びきのやぎのがらがらどん」の原画の前で元気な男の子たちがワイワイと言いながら楽しそうに見ていたのが、忘れられない印象に残っているからです。今の子どもたちは随分達者な絵を描きます。ただしかなりがテレビアニメ風です。残念ながら画一的でつまらなくなっています。絵にかぎりませんができるだけ生のかたちでいろいろなものをみたり経験して欲しいと私は考えます。こんなにいわゆる情報があふれているのに、以外と狭くつまらない。同じような陳腐な絵本や挿絵、ほんとにいろいろな感じ方、描き方があるのにと。それに各々の国の伝統があるのもおもしろい。イラン・トルコ・ラトビア・クロアチアなど新聞でしか知ることのない国の作品、それとデジタル技法と記されている作品も多くなっていました。
一つの作品がどうなって絵本になっていくか、子どもたちにはそんなトークがあるとおもしろいのではないかとか、また、画家の生まれた歳が記されていると良いのにと思ったり、ゆっくりみることができました。
 原画展は額装と運送にお金がかかります。やっぱり公的なところが開催してくれるといいなぁ、学校をまわる移動原画展はやれないかなぁと考えたりしました。
2時間半ばっちりと堪能しました。

« えるふ冬のおはなし会 | トップページ | ぼくはうちゅうじん »

コラム」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« えるふ冬のおはなし会 | トップページ | ぼくはうちゅうじん »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

12月の営業とお休み

  • 12月のお休みは28日までありません。
    *お休み 28日午後から1月4日まで *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • 冬のおはなし会
    赤ちゃんからお年寄りまで、絵本を読んだりお話を聞いたり、さあ!はじまり・・・はじまり
  • 12月の定例会
    すべての集まりの定例会はお休みです
  • ー元気になる集まりいろいろー1月の予定
    *よいこ連盟(保育士・なろうとする人)12日(金)7:00〜                   *Y・Aの会 読書会(どなたでも)11日7:00〜 「とりあげる本 わたしを離さないで」     *学ぼう語ろう〜15日1:30〜「母の友1月号を読む(どなたでも) *絵本の会  19日7:00〜(誰でも)             *グループ放課後 読書会(公共図書館司書・その他)17日(水)7:00〜             *ボランティア講座 非公開 22日(月)10:00〜         *憲法カフェ30日(火)「沖縄は今」 28日(火)7:00〜(事前参加申し込み受付)        *羊毛チクチクの会 未定(事前参加申し込み受付)                                                                                                                         

できることから

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山