これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山   
無料ブログはココログ

« ひゃくおくまんのサンタクロース | トップページ | はなみず じゅるじゅる せき ごほごほ »

2014年12月 8日 (月)

ボクはじっとできない

Photo
「ボクはじっとできない」
バーバラ・エシャム文
マイク&カール・ゴードン絵
品川裕香・訳
岩崎書店 本体1600円


デイヴィッドはじっとしていられません。しかもそれがどうしてなのか自分でもわかりません。友だちも先生にもわかりません。だから友だちは迷惑顔、ゴールスキー先生は授業がいつも妨害されるのでイライラして、デイヴィッドを大声で叱ります。”ボクはただ新しいアイデアがわいて、そのことだけを考えて実験しているだけなのに。”とうとう先生はママやパパに手紙を書いて、学校に来て下さいと言います。ボクはいろいろの情報を集めてどうしたら良いかを考えます。そして、ついに先生にわかってもらえる方法を見つけることができました。
この頃ちゃんとしていられない、自分勝手に物事をはじめてしまう、こだわりが強いので他の人と協調出来ない子どもがふえたとの話を良く聞きます。わからないものだからついその子どもたちを排除してしまいます。実際良くわからない、理解できない、親の育て方が悪いという人もいますが、私はそうおもいませんが、じゃあどうしてなのかといわれると良く解らないというのが本音です。
 この絵本はいわゆるADHD(注意欠如・多動性障害)をもつ少年ディヴィッドが、その事を気がつき認め、どうして良いか考えて先生に提案する物語です。この本だけではなかなか全部を理解できませんが、なるほどとの気付きはあります。まず一歩です。(あとがきにもう少しくわしく載っています。)コミカルな絵で描かれていて読み易くなっています。類書に「算数障害の絵本」が同じ出版社からでています。

« ひゃくおくまんのサンタクロース | トップページ | はなみず じゅるじゅる せき ごほごほ »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ひゃくおくまんのサンタクロース | トップページ | はなみず じゅるじゅる せき ごほごほ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

連休の会留府

  • 連休のお休みと営業
    *5月1日・2日・3日・4日お休 *5月5日・6日10:30〜6:00   *5月7日1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *グループ学ぼう・話そう 定例会第2月曜日5月 はお休み  *ボランティア講座 定例会15日(月10:00〜 テーマ「絵本を読む・非公開」         *憲法カフェ30日(火)3期・4月学習会「憲法 と共謀罪」誰でも・予約制  講師舩澤弘 行弁護士              *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会17日(水)7:00〜読書会・柚木あやこ 作「本屋さんのダイアナ」                  *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会11日(木)7:00〜読書会テキスト「紅 のトキの空」        *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会12 日(金)7:00〜制作「ぶたちゃんパペット作り               *絵本の会19日(金)7:00〜絵本を読もう  テーマ「詩とことば」                                                                                                           

クリック募金