« いとの森の家 | トップページ | 消えた犬と野原の魔法 »

2014年12月27日 (土)

もうすぐおしょうがつ

Photo
「もうすぐおしようがつ」
西村繁男
福音館書店 本体800円


ひろくんとゆうちゃんは冬休みになっておじいちゃんとおばあちゃんの家にでかけました。遊びにいったのではなくてお正月をいっしょに迎えるためです。お正月の前にいろいろの準備をします。もちろんひろくんとゆうちゃんもお手伝いをします。クリスマスとちがってお正月はいっしょに暮らしていない家族とも顔をあわせて食事をしたり遊んだり、親戚の人たちが挨拶にみえたり、出かけていったり、子どもにはお年玉という楽しみもあります。お年越しや元旦の迎えかたも住んでいるところでずいぶんと違います。そして、ちょっと前つまり昭和の時代と今では少し変わってしまいました。
 この絵本ではおじいちゃんおばあちゃんの家にいってから新年を迎えるまでにしたことを描いています。たとえば障子貼り(障子なんかないよ!という声が聞こえてきそうです)私が子どものとき大いばりをして猫といっしょに障子をビリビリと破きました。台所ではごちそうを作っています。しめなわやおそなえのものを買いにいって、お掃除をしながらお飾りをします。トイレや台所にも神さまがいるのでお飾りをします。餅つき、(自分の家で餅つきをしなかったので、注文しておいたのし餅を切る、なぜかその係は父か祖父でした。)準備ができるとお風呂に入って食事をします。この絵本は東京風で年越しそばをたべますが、これも私の地方ではごちそうを食べます。(家では一人一人にお膳がついて、お年玉もその上にのっています。あっ、ごちそうを食べる前みんなで神棚の前にならんで、祖父を先頭に榊でお払いをしました。)
 今はすっかり変わってしまったのでこの絵本の情景は昭和のお正月の様子です。今はいろいろに過す家庭がありますが、でも日本人にとってお正月は欠かせない行事でしょう。無病息災を願って、なによりも平和であって欲しいと切におもいます。
 ところでこの絵本に登場するひろくんとゆうちゃん一家は犬、登場する者たちはすべて動物になっています。ー作者の西村さんに機会をみて聞いてみたいとおもっています。
 clip会留府は明日6時でお休みになります。新年は6日からです。

« いとの森の家 | トップページ | 消えた犬と野原の魔法 »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« いとの森の家 | トップページ | 消えた犬と野原の魔法 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

10月の営業とお休み

  • 10月のお休み
    *お休み 2日(月)・9日(月)・16日(月)23日(月)30日(月) *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *よいこ連盟(保育士・なろう とする人)13日(金)7:00〜  「絵本をみる」        *Y・Aの会 読書会(どなたで も)12日7:00〜 「とりあげ る本 赤川次郎の本を読む」   *絵本の会 「絵本づくりの現場から」講師光村教育図書編集・吉崎さん 20日7:00〜(誰でも)           *グループ放課後 読書会「蜜蜂と遠雷」(公共図書館司書・その他)18日(水)7:00〜                  *ボランティア講座 非公開 16日(月)10:00〜       *憲法カフェ26日(火)「教育と憲法2」講師千葉県若手弁護士の会・中島弁護士 9月31日(火)7:00〜         *羊毛チクチクの会ハロウィーンのカボチャをつくる 19日(木)10:30〜                                                                                                                         

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山