« ふたばからのおたより ―10月― | トップページ | もうじゅうつかいのムチがなる »

2014年11月 1日 (土)

11月の会留府

          2014年もあと2ヶ月

Photo
11月の声を聞くたびにハッとします。あぁ、今年も後二ヶ月なのだと思います。樹々はおもい、おもいに色とりどりになり、時々風にざわめきあっておしゃべりをしたり陽に輝きます。でも、それは束の間、強い風が吹くと一晩で葉は散ってしまいます。あちらこちらからクリスマスと新年のためのお知らせが入り、後2ヶ月で今年も終わりなどと感傷に浸っている間もなく、いそがしく頭も身体もフル回転をしなければなりません。11月はそんな月です。
10月末で決算が終わりました。景気は沈むばかり。なんとか次の年度に続けられそうなのですが、残念ながら自分で本を作っているわけではないので、出版、流通の状態がもののみごとに直撃します。個人の購買力は完全に落ちている、それに格差がひろがっていて、安定層の親世代の後だてがない若い人たちが生活していくのは大変です。それは何をするにもお金が必要な時代になってしまい、そのうちに息をするのにもお金がいるのかしらと思う事があります。(昔、水を買う=税金をはらってですよ、考えてもみませんでした。)消費税3%UPは毎日の生活にひびきます。本は本屋が定価をつけられないのに、税金や経費があがってくると当然生業とするのに苦しくなってきます。そうやって街の本屋、仲間は息切れして次々とやめていってしまいました。
 会留府はこの12月1日で39才になります。これからどうするなどといえない時代、ただ、今はもう1年なんとかがんばれないか(消費税10%になったらどうなるかわかりません)そして、せっかく身をけずってやるからには元気に楽しくやりたいと不埒な!?ことを考えています。たとえ秋の落ち葉のようにパッと散っても。
 ちょっと目の状態が悪くなってきて、ブログでの新刊の紹介がゆるくなってしまいそうですが、できるだけ新刊の紹介は続けていきます。良い?というかおもしろい本があったら教えてください。良い!知恵も!

« ふたばからのおたより ―10月― | トップページ | もうじゅうつかいのムチがなる »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ふたばからのおたより ―10月― | トップページ | もうじゅうつかいのムチがなる »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

10月の営業とお休み

  • 10月のお休み
    *お休み 2日(月)・9日(月)・16日(月)23日(月)30日(月) *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *よいこ連盟(保育士・なろう とする人)13日(金)7:00〜  「絵本をみる」        *Y・Aの会 読書会(どなたで も)12日7:00〜 「とりあげ る本 赤川次郎の本を読む」   *絵本の会 「絵本づくりの現場から」講師光村教育図書編集・吉崎さん 20日7:00〜(誰でも)           *グループ放課後 読書会「蜜蜂と遠雷」(公共図書館司書・その他)18日(水)7:00〜                  *ボランティア講座 非公開 16日(月)10:00〜       *憲法カフェ26日(火)「教育と憲法2」講師千葉県若手弁護士の会・中島弁護士 9月31日(火)7:00〜         *羊毛チクチクの会ハロウィーンのカボチャをつくる 19日(木)10:30〜                                                                                                                         

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山