« どんぐりずもう | トップページ | あなのはなし »

2014年10月11日 (土)

サルタルのもりのおおきなき

Photo
「サルタルのもりのおおきなき」
こどものとも年中向き11月号
西岡直樹 構成・文
シブー・チットロコル 絵
西岡まどか コラージュ
福音館書店 本体389円

インドのお話です。このお話がインドのお話で絵を描いている画家もインド人ということが絵本を見ただけでわかります。画家は折り込みの作者紹介によると<1960年、シャーカンド州生まれ、農業をしながら絵巻物を作成して、西ベンガル州のサンタル人の村々を絵解きをしてまわる>と書かれています。お話は先住民族のサンタル人の神話です。サンタル族の村にトヌとカヌという男の子がいました。村の近くに大きな森があって2人は毎日家畜をつれて行きます。森のなかにはすごく大きな木があって人も獣もすべて集まります。春にはたくさん花が咲いて、満月の夜は木のまわりで歌ったり踊ったりします。トヌはタイコを叩いて、カヌは笛を吹きます。ところがおうさまが門を作ろうとその大きな木を切り倒してしまいました。生き物たちは嘆き悲しんでみんないなくなってしまいます。トヌとカヌは残された枝からタイコや笛をつくりました。そして、切り株の上にたってトヌとカヌはタイコを叩き、笛を吹くと生き物たちが帰って来ました。しかも切り株に残っていた芽がどんどん大きくなってみるまに前のような大きな木になりました。さあ!”ダティン ダバン トゥルル トゥリリリ”
 動物や人が話ができる世界、偉大なる自然=神をたたえて語ります。こうやって人々は自然=神に感謝します。むろん踊りも歌もタイコも笛も神を讃え、自然に感謝する生活です。そのことが絵の中にしっかり描かれていて、見る私たちも大きな自然の恵に抱かれたゆったりとした気持ちになります。何だか毎日人工的な生活のなかに追われていると、こういう素朴なゆったりした時間、空間の出会いがうれしくなります。描かれているたくさんの生き物たちにうれしくなります。
 日本にも昔、絵解きをする人がいました。お寺のお坊さんです。一枚絵、もしくは絵巻をつかって、主にお寺の縁起や偉い上人の話を善男善女に物語ながらお説教したとのことです。(このお説教はいまつかわれている意味ではありません)
 ゆっくりと絵を見ていると生き物たちのざわめきと喜びが伝わってきます。


« どんぐりずもう | トップページ | あなのはなし »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« どんぐりずもう | トップページ | あなのはなし »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

6月の営業とお休み

  • 6月のお休み
    *6月5日・12日・19日・26日の月曜日                    *6月4日・11日・18日・25日の日曜日は1:30〜6:00            *営業時間10:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *グループ学ぼう・話そう 定例会第2月曜日12日(月)10:00〜話し合い  *ボランティア講座 定例会19日(月)10:00〜 テーマ「科学絵本を読む・非公開」              *憲法カフェ27日(火)3期・6月学習会「いま、福島は・報告と話し合い」誰でも・予約制             *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会15日(木)7:00〜読書会・D・J・ハスケル著「ミクロの森」               *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会8日(木)7:00〜読書会R・M・フイッツジェラルド著「スピニー通りの秘密の絵」   *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会23日(金)7:00〜制作「絵本を読む」                *絵本の会16日(金)7:00〜方言で昔話を聞く・絵本で見る 語り手高橋峰夫さん                 *羊毛ちくちくの会22日(木)10:00〜制作                                                                                                           

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山