お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    <2018年度の募集中!自主講座のグループ もありますが、くわしくは会留府にお問い合わせ下さい、 *ボランティア講座と絵本の会は5月からスタート 参加募集中> ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     7月の予定・くわしくは7月のえるふ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 夏のえるふお話会 21日(土)7:00〜 お話と絵本を読んで+花火をして遊びます。 おとなといっしょです。参加はどなたでも/お申し込み受け付けています。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     *学ぼう語ろう〜9日10:00〜読書会 参加自由  ・・・・・・・・・・・・・・・   *Y・Aの本を読む会 12日(木)7:00〜読書会 ・・・・・・・・・・・・・・・ *羊毛チクチクの会 19日(木)10:30  〜(事前参加申し込み受付)        ・・・・・・・・・・・・・・・       *グループ放課後 18日(水)7:00〜読書会(公共 図書館司書・その他) ・・・・・・・・・・・・・・・          *憲法カフェプラスのプラス2 31日(火)  7:00〜社会保障と憲法  お茶パン付き800円 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      *絵本の会 20日(金)7:00〜今絵本がおもしろい。ポーランドのおはなしと絵本 非会員800円                                                                                                                         

7月の営業とお休み

  • 7月のお休み
    *お休み 変則になります。 2(月)・9(月)・17(火)・22(日)・23(月)29(日)30(月) *営業時間 いつもと15(日)10:30〜6:00 /1(日)・8(日)16(月・海の日)は1:00〜6:00

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山   
無料ブログはココログ

« くろいながい | トップページ | キュッパのおんがくかい »

2014年10月19日 (日)

再考 ラジオ深夜便ー走れ!移動図書館ーより

 今日10月19日4:00からのラジオ深夜便を聞いた。私は夜遅くまで仕事をすることが多くて、たとえばPCをいじりながらラジオを聞いていたりする。父が生きていたときはテレビがあって時々一緒に見ていたけれど、いま我が家にはテレビがない。その分ラジオを聞く事が多くなった。だからラジオ深夜便を聞く事も多い。そのなかで時間は夜というより明け方にちかいのだけれど、「明日のことば」を時々聞いたりする。いろいろな分野で活躍?している人にアナウンサーが聞く番組だ。今日は「走れ!移動図書館」の鎌倉幸子さんのインタビューがあった。私がかかわっている「こどもと本・これからの会」でお呼びして講演会をもって、その様子は9月29日のこのブログでも書いた。講演会のことだけでなく、鎌倉さんの著書「走れ!移動図書館ー本でよりそう復興支援・筑摩書房刊の紹介もしたのだけれど、そのこともふくめてまた、鎌倉さんの元気な声、話を聞いた。ある人が鎌倉さんの話は何度きいても胸にせまることがあるといっていたが、私もそう思う。
 カンボジアの難民キャンプの子どもの声”お菓子は食べたらなくなるけれど、絵本は何度でも読めるからすき”そして、もう一言鎌倉さんの背中をおした気仙沼司書の山口さんの言葉”こんな時だから、今、出会う本が子どもたちの一生のささえになる”
 今朝の朝日新聞の朝刊に、ますます本が売れなくなってきた理由について大手出版社の見解がでていた。確かに本は売れなくなった。これからの不況でもっと売れなくなると思う。児童書の場合子どもが少なくなったからともいわれるけれど、私はその一番の理由は公共図書館や学校が本を買わなくなったと思っている。どんなこどもでも等しく本を読む権利がある。教育を受ける権利がある。地域共同体がなくなって、地域の本屋はなくなった。大きな流通業者が納品する、どこでも大型書店、チェーン店だらけ、どこでも金太郎飴のような本が並んでいる。すごい勢いで本が消耗品となっている。日常的に地域の本屋が出版の世界にかかわることがほとんどないといってもよい。私はそういう店を書店といって、本屋とは違うと思っている。
鎌倉さんはこのことについても「本が人の手に届くためには人の手をかりなければならない」と強調している。そこが電子ブックと紙の本のちがいではないかと私はその言葉からおもう。どこの自治体も家庭でも苦しくなっている経済状況があって、でも、そこに本と人をむすびつける人がいれば、人はなんとか工夫していくのではないかと思う。本は必要とする人にいろいろな顔を見せてくれるからだ。鎌倉さんの言葉が胸をうつのは、本の必要性だけをいうのでなく、それをどうやって届けようかという前向きの思考、そして行動力、いろいろの人たちを受け入れていく雅量なのだとおもう。それは本に対しての信頼となによりも人に対しての信頼なのではないかと思う。

« くろいながい | トップページ | キュッパのおんがくかい »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« くろいながい | トップページ | キュッパのおんがくかい »

最近の写真

  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • P1010131
  • Photo
  • Photo