« ちいさなきしゃとおおきなおきゃくさん | トップページ | どんぐりを おとしたのは だれ? »

2014年9月 1日 (月)

ちいさな ちいさな

Photo
「ちいさな ちいさな」
めに みえない びせいぶつの せかい
ニコラ・デイビス文
エミリー・サットン絵
越智典子 訳
出川洋介 監修
ゴブリン書房 本体1500円

私たちの身の回りどこにでもいて、ちいさいけれどおおきな働きをしているものな〜んだ!目に見えないのだよ。答えは「微生物」微生物って目も頭も足もないけれど生きているんだよ。たくさんいるんだ。たとえばスプーン一杯の土のなかにはインドの人口全部くらいいるし、きみの身体にも。悪い微生物もいるけどいい微生物もいる、種類もたくさん大きさもいろいろ、形もいろいろなんだ。
 微生物のことを描いてあるこの絵本を読むと微生物っておもしろい。微生物に食べられたものはなくなるのではなくて、かたちがかわっていくなんて、あらためてこの絵本を読んですっかり感心してしまいました。たしかに牛乳は微生物によってヨーグルトに変わります。いま、話題になっているテング熱は困った微生物、でも、死んだ動物や枯れた植物を土に返してくれる微生物は植物を育てる。そして、空気がつくられて息ができる。ああ、良かった!
 イギリスの科学絵本です。とてもきれいな絵本、手書きの良さがあふれています。写真も電子もいいけれど、手書きの方がずっとわかり易いと思いました。それは作者が読者のためにわかり易く描いているからです。最後のページで訳者が文中の細かいことを順を追って解説しています。
 夏休みが終わり子どもたちは学校へ行き始めました。気候もあの酷暑だった毎日がうそのように涼しくなりました。蝉の声がぱったりと止まって、虫の鳴き声が夜空に響きます。食べ物だけでなく、読書もまた、栄養になる季節です。
 9月8日は十五夜とか、でもススキは?満月が見れると良いですね。

« ちいさなきしゃとおおきなおきゃくさん | トップページ | どんぐりを おとしたのは だれ? »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/60245818

この記事へのトラックバック一覧です: ちいさな ちいさな:

« ちいさなきしゃとおおきなおきゃくさん | トップページ | どんぐりを おとしたのは だれ? »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

12月の営業とお休み

  • 12月のお休みは28日までありません。
    *お休み 28日午後から1月4日まで *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • 冬のおはなし会
    赤ちゃんからお年寄りまで、絵本を読んだりお話を聞いたり、さあ!はじまり・・・はじまり
  • 12月の定例会
    すべての集まりの定例会はお休みです
  • ー元気になる集まりいろいろー1月の予定
    *よいこ連盟(保育士・なろうとする人)12日(金)7:00〜                   *Y・Aの会 読書会(どなたでも)11日7:00〜 「とりあげる本 わたしを離さないで」     *学ぼう語ろう〜15日1:30〜「母の友1月号を読む(どなたでも) *絵本の会  19日7:00〜(誰でも)             *グループ放課後 読書会(公共図書館司書・その他)17日(水)7:00〜             *ボランティア講座 非公開 22日(月)10:00〜         *憲法カフェ30日(火)「沖縄は今」 28日(火)7:00〜(事前参加申し込み受付)        *羊毛チクチクの会 未定(事前参加申し込み受付)                                                                                                                         

できることから

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山