« 子育てをうたう | トップページ | 希望の牧場 »

2014年9月25日 (木)

ふたばからのおたより -9月―

      
            食は世につれ

 人との関係性の深さを量るバロメーターは、人によってさまざまだろうが、私の場合は、皮肉が通じる関係かどうかということが、けっこう大きな要素である。多分、根性がひねくれているからだろう。会話にチクリと皮肉を入れて、お互いにニヤリとする瞬間が好きである。「2歳児に、どんな皮肉を言うの?」と聞かれたりもするが、施設で預かる2歳児でも皮肉が通じ合える関係になるとけっこう楽しい。時に逆襲を受ける。やられた、と口元が緩むと、得意そうなニヤリ顔、そんな瞬間が、とても好きだ。
 昔、東京の山谷で、確か『バッハ』といったろうか(違ったかもしれない)、コーヒー店を開いた人がいた。山谷に暮らす人たちに、美味しいコーヒーを味わってもらいたいと思って店を持った、と、記事で読んだ気がする。その人の、コーヒーとの出会いの話が、またいい。幼い日に外国人の膝に乗り、一匙のコーヒーを口に含んだ。苦い味が口いっぱいに広がった。その苦さが忘れられなくなった。たった一匙が人生を決めることもある。
 私は、その頃勤めていた職場の通信に『食は世につれ』という片隅コーナーを書かせてもらっていた。そこに、この『バッハ』のコーヒーの話を書いたことがある。実際のお店には、一度だけ行った。友人たちとの待ち合わせに、わざわざこのコーヒー店を指定した。途中の道端で、酔っぱらったおじちゃんたちが喧嘩していて、その横を通り抜けて店にすべり込んだ。小さな皮肉といい、コーヒーの苦さといい、表舞台にはない味わいがある。その味わいは、一度触れたら、多分ずっと忘れない。だから、私はまだ、この養護の現場を離れられないのかな?

Photo

写真は、以前も伝えたことのある我が家の柿の木。会留府の阿部さんに教えていただいた葉っぱの天ぷらで株をあげ、命拾いした木。今年、何と柿の実を4つ、つけました。まだまだ渋そうですが、ちゃんと甘く熟したら拍手ご喝采というところです。                      
                          (の)


« 子育てをうたう | トップページ | 希望の牧場 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 子育てをうたう | トップページ | 希望の牧場 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

12月の営業とお休み

  • 12月のお休みは28日までありません。
    *お休み 28日午後から1月4日まで *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • 冬のおはなし会
    赤ちゃんからお年寄りまで、絵本を読んだりお話を聞いたり、さあ!はじまり・・・はじまり
  • 12月の定例会
    すべての集まりの定例会はお休みです
  • ー元気になる集まりいろいろー1月の予定
    *よいこ連盟(保育士・なろうとする人)12日(金)7:00〜                   *Y・Aの会 読書会(どなたでも)11日7:00〜 「とりあげる本 わたしを離さないで」     *学ぼう語ろう〜15日1:30〜「母の友1月号を読む(どなたでも) *絵本の会  19日7:00〜(誰でも)             *グループ放課後 読書会(公共図書館司書・その他)17日(水)7:00〜             *ボランティア講座 非公開 22日(月)10:00〜         *憲法カフェ30日(火)「沖縄は今」 28日(火)7:00〜(事前参加申し込み受付)        *羊毛チクチクの会 未定(事前参加申し込み受付)                                                                                                                         

できることから

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山