« ちいさな ちいさな | トップページ | オバケ! ホント? »

2014年9月 2日 (火)

どんぐりを おとしたのは だれ?

Photo
「どんぐりを おとしたのはだれ?」
 かがくのとも9月号
高柳芳恵 ぶん
はたこうしろう え
福音館書店 本体389円


林を歩いていると、上から木の枝が落ちてきました。どんぐりがついています。しばらくほっておいたら中から虫がでてきました。転がり出た虫を土の入った透明の入れ物にいれると虫は土の中にもぐっていきます。作者は飼って観察してみます。春になりました。すると幼虫は黒くなって、7日後小さな虫がでてきました。「ハイイロチョッキリ」という虫で何を食べるのかな?名前も形もおもしろい。秋になるとハイイロチョッキは交尾をしてメスはドングリに穴をあけ卵を産みます。そして、枝をかじって下に落とします。この本の最初のように穴から出てきた虫は土に潜り込みます。ハイイロチョッキリの幼虫にとって、土はだいじな寝床、寒い冬を土に抱かれて眠ります。そういえば蝉もそうでした。木に産みつけられた卵、孵って土の中で眠り脱皮して、季節がめぐって6年たつと穴からでてきます。埋め込まれた本能が春になるとちゃんとわかるのです。植物もそうですが、ちゃんと季節がめぐると芽が出て成長し、花が咲きます。命は不思議です。
Photo_2
「どんぐりむし」
藤丸篤夫 写真
有沢重雄 文
そうえん社 本体1200円


この絵本は写真ですが、手描きと違った臨場感があり、虫の嫌いな子どもは大騒ぎをするかもしれません。学校などで子どもたちに本を読んでいる人たちが時々使う絵本で、大騒ぎしながらも良く聞いている本です。
 あっというまもなく涼しくなり、蝉の声がしなくなりかわって虫の鳴き声が賑やかになりました。栗も獲れる季節になり、拾うと時々穴からやっぱり虫が顔をだします。できれば実際の虫を観察出来ると良いと思います。虫つきの枝といっしょに子どもたちのところへどうですか!

« ちいさな ちいさな | トップページ | オバケ! ホント? »

絵本」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/60250709

この記事へのトラックバック一覧です: どんぐりを おとしたのは だれ?:

« ちいさな ちいさな | トップページ | オバケ! ホント? »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

11月の営業とお休み

  • 11月のお休み
    *お休み 3日(臨時)・6日(月)・13日(月)20日(月)27日(月) *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *よいこ連盟(保育士・なろうとする人)10日(金)7:00〜 「おもちゃと子ども」おもちゃカフェサンタ・西宮さんを囲んで話を聞く          *Y・Aの会 読書会(どなたでも)9日7:00〜 「とりあげる本 紙の動物園」        *学ぼう語ろう〜13日10:00〜「母の友10月号を読む・子どもの貧困とは(どなたでも)   *絵本の会 今年のクリスマスの絵本をみよう 17日7:00〜(誰でも)         *グループ放課後 読書会「くまのあたりまえ」(公共図書館司書・その他)15日(水)7:00〜            *ボランティア講座 非公開 20日(月)10:00〜       *憲法カフェ28日(火)「沖縄は今」レポーター沖縄在住石坂さん 28日(火)7:00〜(事前参加申し込み受付)       *羊毛チクチクの会30日(木)10:30〜クリスマスの飾り(事前参加申し込み受付)                                                                                                                         

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山