« ぼくみつけたよ | トップページ | ひみつのかんかん »

2014年8月20日 (水)

トビのめんどり

Jpg_2
「トビのめんどり」
ポリー・アラキジャ作
さくまゆみこ訳
さ・え・ら書房 本体1500円


トビが飼っているめんどりは村一番のすぐれものです。村ではトビだけでなく友だちもみんな動物を飼っています。月曜日のことです。アデのめうしが1ぴきあかちゃんを産みました。トビのめんどりも卵を1個産みました。火曜日のことです。トゥンデのひつじがあかちゃんを2ひき産み、トビのめんどりも卵を1個産みました。水曜日、木曜日と友だちの飼っている動物たちがあかちゃんを産むとおなじようにトビのめんどりの卵も増えていきます。日曜日には7こめの卵を産みます。それから1週間たち、2週間たち友だちの動物たちのあかちゃんは大きくなりますが、トビのめんどりの産んだ卵は孵りません。3週間たってやっと卵からひよこが孵りました。この絵本は数の絵本となっていますが、絵がとっても良いのです。作者はイギリス生まれですが、ナイジェリア人と結婚して住みます。(今は夫が亡くなってまたイギリスとのことですが)絵本の背景がアフリカの生活、1ページめくるたびに描かれているのが単に動物たちの数だけでなく、トビの村の生活がたくさん描き込まれています。家の様子、働いている人たちのようす、食べ物や生活のようすがしっかり描き込まれていて、とてもおもしろく読むことができました。トビが飼っているたくさんのにわとり、最後のページ(裏表紙にも)にはなんとにわとりの羽根をむしっている人までいます。でも、トビもみんなうれしそうなので少しも悲しいとは思いません。それより生きることのエネルギーがあふれていてトビは嬉しそうです。なんといってもトビのめんどりは村一番のすぐれものです。
 ところでトビが飼っているにわとりはなんば?!

« ぼくみつけたよ | トップページ | ひみつのかんかん »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/60183025

この記事へのトラックバック一覧です: トビのめんどり:

« ぼくみつけたよ | トップページ | ひみつのかんかん »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

10月の営業とお休み

  • 10月のお休み
    *お休み 2日(月)・9日(月)・16日(月)23日(月)30日(月) *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *よいこ連盟(保育士・なろう とする人)13日(金)7:00〜  「絵本をみる」        *Y・Aの会 読書会(どなたで も)12日7:00〜 「とりあげ る本 赤川次郎の本を読む」   *絵本の会 「絵本づくりの現場から」講師光村教育図書編集・吉崎さん 20日7:00〜(誰でも)           *グループ放課後 読書会「蜜蜂と遠雷」(公共図書館司書・その他)18日(水)7:00〜                  *ボランティア講座 非公開 16日(月)10:00〜       *憲法カフェ26日(火)「教育と憲法2」講師千葉県若手弁護士の会・中島弁護士 9月31日(火)7:00〜         *羊毛チクチクの会ハロウィーンのカボチャをつくる 19日(木)10:30〜                                                                                                                         

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山