募金にご協力ください。

  • 募金にご協力ください
    いつもアジアの子どもたちに絵本を贈る運動に会留府も参加している団体。公益社団法人シャンティ国際ボランティア会へ。http://www.sva.or.jp *郵便振替口座 00170-8-397994 口座名 SVA緊急救援募金 東日本大震災募金」と記入 (青い用紙が郵便局にあります)一口1000円から  みんなの小さな気持ちを!!

キボウのカケラ

クリック募金

« びじゅつかんへいこう | トップページ | きつねどん »

2014年8月24日 (日)

ぼくからみると

Photo
「ぼくからみると」
 高木仁三郎ぶん
 片山健 え
 のら書店 本体1400円


なつやすみのある日のことです。しょうちゃんはひょうたん池に自転車で向いました。ひょうたん池にはよしくんが釣りをしています。よしくんから見ると、池のなかのさかなから見ると、池にいるかいつぶりのおかあさんから見ると・・・ひょうたん池にはたくさんの生きものがいます。最初のページを良く見るとそれらがみんな描かれています。夏雲が空にあり、ひょうたん池は夏の昼の風、光り、暑さ、ムンムンとした夏の昼の池は見方によっても、見る人によっても変わります。1983年福音館書店の月刊誌「かがくのとも」で出されたとき一部の人たちでに話題になった本です。その後作者の予言通りに原発、科学の行き詰まりが問題になっています。物事は決して一面的に見てはならない、特に子どもたちにはできるだけ広く多面的に考えなければならないこと、伝えなければならないことと強く思います。
 今日やっと原画展の最終日に行くことができました。この絵本を見たくて行って来ました。原画は感覚がわかります。ひょうたん池の匂いまで絵からたちあがってきます。
 この絵本と対になるようなやはり「かがくのとも」から出された絵本があります。
Photo_2
「なっちゃんのなつ」
 かがくのとも414号
伊藤比呂美 文
片山健 絵


なっちやんは河原に出かけて行きます。この絵本で描かれているのは自然との共生だとおもいますが、これもまた、現代の私たちに与えられた大きな課題です。絵本のなかでは蝉をとおして死と生も描かれています。この絵本はすでに手に入らなくなっていますがぜひハード版書籍にして出版して欲しいと願います。

« びじゅつかんへいこう | トップページ | きつねどん »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« びじゅつかんへいこう | トップページ | きつねどん »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

8月の営業とお休み

  • 8月のお休み
    ご希望の時は前日までご連絡ください。お休みのときでもご希望の時間に合わせることができます      *8月は不定期です/お休み・13日(日)・14日(月)・ 15(火)19(土)/30(水)31(木)は棚卸し    *5日(土)6日(日)20(日)26(土)27(日)は1:00〜6:00         *28日(月)29日(火)は10:30〜6:00                   *その他は夏時間1:00〜7:00               

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
       8月・9月の予定          *グループ学ぼう・話そう 定例会第1月曜日9月は未定           *ボランティア講座 定例会9月25日(月)10:00〜             *憲法カフェ臨時8月29日(火)ミニ講演会マイナンバーと個人情報(図書利用カードをめぐって)講師白石孝さん 誰でも・予約制          *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会9月20日(水)7:00〜読書会              *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会9月14日(木)7:00〜読書会          *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会9月8日(金)7:00〜    *絵本の会9月15日(金)7:00〜おとなの絵本の魅力            *羊毛ちくちくの会8月17日(木)10:30〜制作                                                                                                           

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山   

できることから

無料ブログはココログ