« 海からのおたより2014年7月 | トップページ | きみの すきな どうぶつ なあに? »

2014年7月 4日 (金)

ヨハンナの電車のたび

Jpg
「ヨハンナの電車のたび」
作 カトリーン・シェーラー
訳 松永美穂
西村書店 本体1500円


「いま、電車の絵をかいているところ。
ながーく つながった電車。
ここから おはなしを はじめましょう。
みていてね。
これから いろんなことがおこりますよ。」
表紙をあけると扉絵にこんな言葉が書かれています。つながった車両にはいろいろな動物がおもいおもいの様子で乗っています。4つ目の部屋にいるのは小さなブタ、どこまでいくのかな?ブタの名前は?こんなふうに絵描きさんはブタに洋服(模様)を描いたり名前をつけたり、つぎつぎとお話にしたがって描かれていきます。事件もおこります。でも最後にはブタ=ヨハンナは友だちを見つけて(絵描きさんが描いてくれました)”絵描きさんバイバイ!わたしたちは二人で旅をするから、ちがうお話を描いてよ!”と、電車はすすんでいきます。
 絵描きの手と道具、お話がすすんでいくのと一緒に絵が書き加えられていきます。カンバスに描かれるブタたちのお話もおもしろいけれど、お話を描いている絵描きの手は表情があってみごとです。他の出されている絵本もこの絵本とおなじような対話方式、作者は絵を書き足しながら物語を作り上げていきます。プロフィールによるとイラストレーターとして活躍している以外に言語障害の子どもたちに美術を教えているとのこと、うまく言葉で表現出来ない子どもたちが絵で物語化、言語化していくのはとても興味深く、ユニークな絵本です。


« 海からのおたより2014年7月 | トップページ | きみの すきな どうぶつ なあに? »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/59928702

この記事へのトラックバック一覧です: ヨハンナの電車のたび:

« 海からのおたより2014年7月 | トップページ | きみの すきな どうぶつ なあに? »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

7月の営業とお休み

  • 7月のお休み
    *7月2日臨時(日)・3日・10日・ 24・31 日の月曜日               *7月9日・16日・23日・30 日の日曜日は1:00〜6:00            *その他の営業時間3:00〜8:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *グループ学ぼう・話そう 定例会第1月曜日3日(月)1:30〜話し合い  *ボランティア講座 定例会24日(月)10:00〜 テーマ「お話会の小道具づくり 会員」               *憲法カフェ25日(火)3期・7月学習会「いま、福島は・報告と話し合い」誰でも・予約制             *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会12日(水)7:00〜読書会              *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会13日(木)7:00〜読書会宮下奈都「スコーレーNO4」                  *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会14日(金)7:00〜制作「手遊び」                  *絵本の会21日(金)7:00〜ロングセラー絵本の魅力           *羊毛ちくちくの会20日(木)10:00〜制作                                                                                                           

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山