無料ブログはココログ

« うそ | トップページ | ちいさなタグはおおいそがし »

2014年7月11日 (金)

ふしぎなともだち

_1
「ふしぎなともだち」
たじまゆきひこ
くもん出版 本体1500円



ぼくは転校した学校にはどんな友だちがいるのかなと期待しています。始業式の時体育館のろくぼくに登って大きな声でひとりごとを繰り返し言っている男の子がいました。名前はやっくん、ぼくはびっくりしたけれどクラスのみんなは少しも驚かない、どこかへいってもクラスの誰かがついていって、遊びながらつれかえってしまいます。先生はやっくんは自閉症という障碍があって話をするのがにがてなのだとぼくに話してくれました。
 この絵本は2年生に転校してからのやっくんとの出会いやクラスや学校の友だちとの係わり、良く解らないままに自分の気持ちを押し付けて失敗することなど、やっくんと成長していくぼくの気持ちの移り変わりを描いています。そして、中学校でのいじめで、やっくんをしっかりかばえたことなどのできごとから、やっくんに少しづつ近づいていきます。そして、卒業してからも続くやっくんと行き来や、まわりのおとなとの係わりが描かれています。
 作者たじまゆきひこは京都からこの絵本の舞台の淡路島での生活のなかで、元校長の小南先生の話からこの絵本を描こうとしたこと、描くにあたって読んだ本や同じく自閉症のひまわり作業所のかあくんの同級生小田陽介さんとの出会いなど、この絵本が出来上がるまでのことが折り込みの冊子に書かれています。それは画家としての作者の姿勢がしっかりしているからだと考えるのですが。(絵本のなかからもわかることですが)ところが(オビにーことばでわかりあえなくても、心はわかりあえるー)と書かれているけれど、そういうことでなく、作者にとっての言葉は絵、それを読んで共鳴する私も言葉=絵を仲立ちとしてなのではないかと思います。もしかしたら、それは絵でなく音楽かもしれなません。やっちやんやたっちゃんに会ったこともないけれど、この絵本を読んで彼らとわかりあいたいと思うことが大切なのではないかと思います。
 画家の型染めの表現、力強く共感できます。

« うそ | トップページ | ちいさなタグはおおいそがし »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/59968311

この記事へのトラックバック一覧です: ふしぎなともだち:

« うそ | トップページ | ちいさなタグはおおいそがし »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

9月の営業とお休み

  • 9月のお休み
    *お休み 4日(月)・11日(月)・18日(月)25日(月) *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *よいこ連盟(保育士・なろう とする人)8日(金)7:00〜  「紙芝居をしてみよう」       *Y・Aの会 読書会(どなたで も)14日7:00〜 「とりあげ る本 ペンギンハイウェー」    *絵本の会 「大人に絵本を」  15日7:00〜(誰でも)             *グループ放課後 読書会(公共図書館司書・その他」20日7:00〜                *ボランティア講座座 25日(月)10:00〜                *憲法カフェ26日(火)「教育と憲法」9月20日(水)7:00〜                *羊毛チクチクの会 21日(木)10:30〜                                                                                                                         

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山