« クジラにあいたいときは | トップページ | ふしぎなともだち »

2014年7月 9日 (水)

うそ

Photo
「うそ」
中川ひろたか作
ミロコマチコ絵
金の星社 本体1300円


今日も「うそ」が何にもなかったといえない一日でした。一番反省しているのは子どもが本を読まない、読めない、先生に家で本を読ませるようにと言われたおかあさんの相談でした。どうも話を聞いてみると字を読ませるというそんなに単純な話ではなさそうで、お母さんは自分も本が嫌いだったし、読んでこなかったので、先生に言われてもどうしていいかわからない様子です。知的に遅れているのではないかと心配しています。聞かれても私はその子を見ていないので良く解らないし、たとえそうだとしても私は先生ではないので期待されても困るというのが本音です。でもそのお母さんに言ったのは”おくれていると決めつけない、もしかしたら学習障害かもしれないけれど・・・””治りませんか?””病気とちがうので治る治らないの話ではないですよ”どうも経済的にもちょっと大変そうでいっしょに読んで見てはと進めた本の定価を気にしています。(少し前に来店された時に図書館に行ってみることをすすめたっけ。このおかあさんははじめての来店ではありません。)すすめた本は図書館になかったし、図書館の人に聞いてもあまり返事がなかったようすです。”遅れていると思わないでください”とまた、つい気休めをいってしまいました。正直な私の感じではたぶん学習障害のようにおもいます。でも、落ち込まれてはなおいけないので、気休め=ウソをいってしまいました。さあ、私はどう責任をとるのだろうか?こういう話は時々あって、気が重くなります。なかなかうそを前向きに肯定できません。
 この絵本のようにずいぶんとうそをついてきました。それもどこまでがうそでどこまでがうそでないのか。だんだん年をとってそのことすらわからなくなるのだろうなぁ!とおもいます。文だけ読んでいるとキモチもうそっぽくなりますがミロコマチコの絵、こどもたちの表情をみると、うそのない生活なんてそれこそうそなのだと思い当たります。べぇっと舌をだした猫、いいですね!あぁ、この本集団読み聞かせには向いていません、道徳の教本につかわないでくださいね。それこそうそつきになりますよ。

« クジラにあいたいときは | トップページ | ふしぎなともだち »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/59955993

この記事へのトラックバック一覧です: うそ:

« クジラにあいたいときは | トップページ | ふしぎなともだち »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

12月の営業とお休み

  • 12月のお休みは28日までありません。
    *お休み 28日午後から1月4日まで *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • 冬のおはなし会
    赤ちゃんからお年寄りまで、絵本を読んだりお話を聞いたり、さあ!はじまり・・・はじまり
  • 12月の定例会
    すべての集まりの定例会はお休みです
  • ー元気になる集まりいろいろー1月の予定
    *よいこ連盟(保育士・なろうとする人)12日(金)7:00〜                   *Y・Aの会 読書会(どなたでも)11日7:00〜 「とりあげる本 わたしを離さないで」     *学ぼう語ろう〜15日1:30〜「母の友1月号を読む(どなたでも) *絵本の会  19日7:00〜(誰でも)             *グループ放課後 読書会(公共図書館司書・その他)17日(水)7:00〜             *ボランティア講座 非公開 22日(月)10:00〜         *憲法カフェ30日(火)「沖縄は今」 28日(火)7:00〜(事前参加申し込み受付)        *羊毛チクチクの会 未定(事前参加申し込み受付)                                                                                                                         

できることから

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山