« 小さな映画会ー父と暮らせば | トップページ | さよならのかわりに きみに書く物語 »

2014年7月22日 (火)

セミのはなし

関東は今日梅雨明けとのことです。明け方は幾分涼しかったのですが、書店組合に学校へ納品するための印をもらうためお昼近く千葉駅へ向かった時はチリチリと太陽が照りつけていました。1週間位前からセミの鳴き声を聞きます。まだ抜け殻を見つけるまでにはいきません。
Photo
「セミとわたしはおないどし」
高岡昌江・文
さげさかのりこ・絵
福音館書店 本体1200円


みーこは1年生です。校庭でセミの抜け殻を見つけて持って来ました。夜お父さんに聞くとニイニイゼミの抜け殻だと教えてくれました。それからすぐの夏休み今度は公園で見つけて来た抜け殻はアブラゼミだということです。両親や兄弟との会話が漫画のコマ割りになって描かれています。セミは写真です。
セミの種類、羽化から成長まで、お父さんと公園にでかけてみーこはいろいろのことを知ります。セミは1年卵でいて6年間土の中、だからあわせて7年みーこと同じ歳です。

Photo_2
「セミたちの夏」
ーアブラゼミの一生ー
写真と文 筒井学
小学館 本体1300円


この絵本は写真絵本です。都会の中で生き、一生を終ったアブラゼミ、お気に入りの桜の木にとまって樹液を吸っているセミ、多い時は5分に1回おしっこをするセミ、交尾をして卵が生まれます。産みつけられた卵は1年たつと誕生、1歳幼虫は地面に落ちて土の中にもぐり6年、梅雨あけの夏穴から這い出して木に登り羽化します。そして、2週間の命です。とてもリアルな写真は土の中の普通見ることもできないセミの成長が撮られています。
 私の子どもの時はカブトムシもクワガタも捕まえて遊びましたが、一番身近だったのはセミとトンボ、チョウでした。2年生の夏初めてセミの羽化をみて、とても感動したのを今でもはっきりおぼえています。トンボやセミは飼うことができない?つかまえて離すその繰り返しでした。高学年になって昆虫の標本づくりをしました。(残酷だとはすこしもおもいませんでした。)これらの経験が生き物好きになったように思います。生命の不思議と大切さを知るとても良い経験になりました。まだ、ちょっと郊外に足をのばすとセミは見つけることができます。今年の夏、そんな経験ができると良いですね。(この2冊は新刊でないのですが、セミの鳴き声につられて紹介しました。)

« 小さな映画会ー父と暮らせば | トップページ | さよならのかわりに きみに書く物語 »

絵本」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/60028485

この記事へのトラックバック一覧です: セミのはなし:

« 小さな映画会ー父と暮らせば | トップページ | さよならのかわりに きみに書く物語 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

6月の営業とお休み

  • 6月のお休み
    *6月5日・12日・19日・26日の月曜日                    *6月4日・11日・18日・25日の日曜日は1:30〜6:00            *営業時間10:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *グループ学ぼう・話そう 定例会第2月曜日12日(月)10:00〜話し合い  *ボランティア講座 定例会19日(月)10:00〜 テーマ「科学絵本を読む・非公開」              *憲法カフェ27日(火)3期・6月学習会「いま、福島は・報告と話し合い」誰でも・予約制             *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会15日(木)7:00〜読書会・D・J・ハスケル著「ミクロの森」               *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会8日(木)7:00〜読書会R・M・フイッツジェラルド著「スピニー通りの秘密の絵」   *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会23日(金)7:00〜制作「絵本を読む」                *絵本の会16日(金)7:00〜方言で昔話を聞く・絵本で見る 語り手高橋峰夫さん                 *羊毛ちくちくの会22日(木)10:00〜制作                                                                                                           

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山