« ハリネズミ・チコ1ジャカスカ号で大西洋へ | トップページ | いろいろいろのほん »

2014年6月19日 (木)

ソフィーのやさいばたけ

Photo
「ソフィーのやさいばたけ」
ゲルダ・ミューラー作
ふしみみさお・訳
BL出版 本体1700円


ソフィーは都会でくらしています。夏休みおじいちゃんとおばあちゃんのところに遊びにきました。そこでおじいちゃんの畑仕事のお手伝いをすることにしました。おじいちゃんはソフィーにも畑ができるようにして、使う道具もソフィーにあうものを揃えてくれました。まず良く土を耕して、種はソフィーの希望のニンジンとラデイシュ、レタスです。名前の書いた木札も用意しました。小さな種をそっとまきます。
 種まきから収穫まで、単なる育て方だけでなくもちろん害虫など含めて鳥や虫も、ソフィーを助けてくれたお隣さんや友だち、みんなで収穫のピクニックに雨に降られたこと、大きな畑の野菜はどこにいくのかという流通のこと、夜の生き物、冬の様子と精密に絵でしっかりと描かれています。その中には作者の自然に対する考え方も描かれていて、科学の絵本でもあり、生活の絵本にもなっています。(最後にスーパーに売っている野菜の出来た所、見返しは野菜のどこを食べるのかという絵、この絵本に描かれている野菜のさくいんもきちんとついています。)なによりもソフィーという子どもの感じ方が暖かく表現されていて、これもこの作者の絵本の大きな魅力です。
 また、春がめぐってきます。都会に住んでいるソフィーのところにおじいちゃんから荷物が届きます。なかにはいろいろな種が入っていました。ママとパパにたのんで大きな鉢などを買ってもらって、ベランダに畑?をなかよしのビクトールといっしょに作りました。そして、友だちを呼んでパーティをしました。楽しかったよ!
 大型の美しい絵本です。
 


« ハリネズミ・チコ1ジャカスカ号で大西洋へ | トップページ | いろいろいろのほん »

絵本」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/59844011

この記事へのトラックバック一覧です: ソフィーのやさいばたけ:

« ハリネズミ・チコ1ジャカスカ号で大西洋へ | トップページ | いろいろいろのほん »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

7月の営業とお休み

  • 7月のお休み
    *7月2日臨時(日)・3日・10日・ 24・31 日の月曜日               *7月9日・16日・23日・30 日の日曜日は1:00〜6:00            *その他の営業時間3:00〜8:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *グループ学ぼう・話そう 定例会第1月曜日3日(月)1:30〜話し合い  *ボランティア講座 定例会24日(月)10:00〜 テーマ「お話会の小道具づくり 会員」               *憲法カフェ25日(火)3期・7月学習会「いま、福島は・報告と話し合い」誰でも・予約制             *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会12日(水)7:00〜読書会              *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会13日(木)7:00〜読書会宮下奈都「スコーレーNO4」                  *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会14日(金)7:00〜制作「手遊び」                  *絵本の会21日(金)7:00〜ロングセラー絵本の魅力           *羊毛ちくちくの会20日(木)10:00〜制作                                                                                                           

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山