« ぼくたちけっこうすごいかも | トップページ | 海からのおたより2014年7月 »

2014年6月30日 (月)

安部政権の暴走をゆるさない

  黙っていたらいけない!
 
Jpg_2

梅雨空の晴れ間、子どもたちがボールを蹴っています。当たり前のようにおもっているこの風景もいつできなくなるか、福島の原発事故で目の前につきつけられました。でも、日がたつと残念ですがだんだん風化してしまいます。そのすきまをつくように安部政権になってからというもの、毎日のようにこのことをつきつけられています。私は生まれた時から平和があたりまえのような中に育ちました。親の世代の苦労を聞いたり読んだりはしたものの、そんなに切実なものではありませんでした。けれど学生時代の社会の動きから、平和はいつでもあるものではないこと、常に意識していないといつのまにかどこかにいってしまうことを知りました。それは自分の生き方と結びついているものだということも知りました。
 安保、新安保、大学闘争のなかで、せめて卑怯な生き方はしたくないと思って来ましたが、実はそれがどんなに大変か、改めていろいろな人の生き方を学びたいと思ってきました。そして、それを次の世代に伝えていかねばならない、戦争に加担しなくて良かった世代がしなければならないことと思っています。
 憲法をつごうのよいように変えようとすることがちょっと困難だと知ると、安部政権は閣議決定という方法でなし崩しにかえていこうとしています。今週が山といわれています。どんな小さな方法でも良いので反対の意思表明をしましょう。たとえ閣議決定されたとしても、黙っていない、黙っていてはいけないと思います。<殺されたくない、殺したくもない!命令をしたくもないし、命令をされたくもありません!>
 いろいろの人たち、団体が行動をおこしています。私は子どもたちに本を読むことをすすめることを仕事にしています。本の世界は自由でなければなりません。
「戦争をさせない1000人委員会」に参加してください。くわしいことは戦争をさせない1000人委員会をクリックしてください。そして、行動を!

« ぼくたちけっこうすごいかも | トップページ | 海からのおたより2014年7月 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/59905365

この記事へのトラックバック一覧です: 安部政権の暴走をゆるさない:

« ぼくたちけっこうすごいかも | トップページ | 海からのおたより2014年7月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

12月の営業とお休み

  • 12月のお休みは28日までありません。
    *お休み 28日午後から1月4日まで *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • 冬のおはなし会
    赤ちゃんからお年寄りまで、絵本を読んだりお話を聞いたり、さあ!はじまり・・・はじまり
  • 12月の定例会
    すべての集まりの定例会はお休みです
  • ー元気になる集まりいろいろー1月の予定
    *よいこ連盟(保育士・なろうとする人)12日(金)7:00〜                   *Y・Aの会 読書会(どなたでも)11日7:00〜 「とりあげる本 わたしを離さないで」     *学ぼう語ろう〜15日1:30〜「母の友1月号を読む(どなたでも) *絵本の会  19日7:00〜(誰でも)             *グループ放課後 読書会(公共図書館司書・その他)17日(水)7:00〜             *ボランティア講座 非公開 22日(月)10:00〜         *憲法カフェ30日(火)「沖縄は今」 28日(火)7:00〜(事前参加申し込み受付)        *羊毛チクチクの会 未定(事前参加申し込み受付)                                                                                                                         

できることから

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山