無料ブログはココログ

« 戦場のオレンジ | トップページ | ハリネズミ・チコ1ジャカスカ号で大西洋へ »

2014年6月15日 (日)

いえのなかのかみさま

Photo
「いえのなかのかみさま」
もとしたいづみ文
早川純子 絵
光村教育図書 本体1300円


ある日曜日のことです。ともきは両親と親戚の家にはじめて行きました。その家は大きくて古い家です。げんという子とおねえちゃんのつぐみという子がいました。げんと話しているとなんだか縁の下に入っていったものがいます。”なんだろう?””こおにさまだよ””え?””ちいちゃなつのがはえていてかわいいんだ”げんとつぐみはともきに家のなかを見せてくれました。げんが見たことのないものがたくさんあります。それにもみんなかみさまがいると言います。納戸に行ったら箱があってのぞきこんだら吸い込まれてしまいました。そして、気がついたらなんだか知らない人がたくさんいます。みんなかみさまだということです。
 ともきの暮らしている街の家とげんとつぐみの家は全然ちがいます。おそらくもう見ることが難しい家だと思います。その異次元の世界に行ってきたげんの不思議な体験が描かれています。同じような絵本で「めっきらもっきらどおんどん」長谷川摂子作 降矢なな絵/福音館書店刊という絵本がありますが、その絵本は呪文のような言葉が異次元に運んでくれて、やはりかみさまと遊ぶ話です。この絵本はかみさまが家のいろいろなところにいると言うげんの説明もあって、ともきは少し年齢の上の子ども、学校へいっているような設定です。出てくるのはやはり楽しいかみさまなのですが、みんなの暮らしを守ってくれるということが描かれています。画家の絵はとても迫力がありますが、かみさまの絵はやさしく穏やかな守り神として描かれています。ともきは歌と踊りで帰って来ます。ともきが家に帰ったらともきの家にもかみさまがそっと合図してくれました。それでいい、強い神さまはいらないとあらためて思います。

« 戦場のオレンジ | トップページ | ハリネズミ・チコ1ジャカスカ号で大西洋へ »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 戦場のオレンジ | トップページ | ハリネズミ・チコ1ジャカスカ号で大西洋へ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

9月の営業とお休み

  • 9月のお休み
    *お休み 4日(月)・11日(月)・18日(月)25日(月) *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *よいこ連盟(保育士・なろう とする人)8日(金)7:00〜  「紙芝居をしてみよう」       *Y・Aの会 読書会(どなたで も)14日7:00〜 「とりあげ る本 ペンギンハイウェー」    *絵本の会 「大人に絵本を」  15日7:00〜(誰でも)             *グループ放課後 読書会(公共図書館司書・その他」20日7:00〜                *ボランティア講座座 25日(月)10:00〜                *憲法カフェ26日(火)「教育と憲法」9月20日(水)7:00〜                *羊毛チクチクの会 21日(木)10:30〜                                                                                                                         

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山