« ふたばからのおたより -6月― | トップページ | ぼくたちけっこうすごいかも »

2014年6月26日 (木)

うなぎのうーちゃんだいぼうけん

Photo
「うなぎのうーちゃんだいぼうけん」
くろきまり・文
すがいひでかず・絵
福音館書店 本体1300円


うなぎがどこで生まれて、どうやって日本にくるのかずっと謎でした。やっと最近すこしづつわかってきました。この絵本の主人公うなぎのうーちゃんはフィリッピン、マリアナ海溝で生まれ北赤道海流にのって、黒潮にのって日本にたどりつきました。そこで大きくなってまた帰ります。そして、卵を産んで役目をおえ死んでいきます。その一生が描かれています。文はくわしいことが書かれていませんが成長の道筋をおってきっちりとしています。絵がいい!文を絵がしっかりと描いています。ガラスのように透き通っていたうーちゃんがすこし大きくなってシラスウナギになり、潮の流れにのって日本にきてまた大きくなっていく。おにいさんうなぎの存在感あふれた描きかた、背景の人々の暮らし方川底にうーちゃんといっしょにいる魚やカニの描き方、河川敷で遊ぶ家族や人々の暮らし、どのページにもちょこっと、けれどしっかりと描かれています。
 私は肉類をほとんど食べない魚党です。うなぎも大好物、今は亡き父といっしょに病院帰りに(私が病人だった時も、父が病人だったときも)”元気をつけよう”といってうなぎをよく食べました。今は残念ながら高価でなかなか食べられなくなりました。そして、なんと今年の6月に「ニホンウナギ」は絶滅危惧種のリストにのりました。くわしいことをお知りたい方はWWFジャパン 減ってしまった原因の一番は過剰な漁獲とのことです。もちろん海洋環境の変化や自然環境の破壊があると発表されています。

« ふたばからのおたより -6月― | トップページ | ぼくたちけっこうすごいかも »

絵本」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ふたばからのおたより -6月― | トップページ | ぼくたちけっこうすごいかも »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

7月の営業とお休み

  • 7月のお休み
    *7月2日臨時(日)・3日・10日・ 24・31 日の月曜日               *7月9日・16日・23日・30 日の日曜日は1:00〜6:00            *その他の営業時間3:00〜8:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *グループ学ぼう・話そう 定例会第1月曜日3日(月)1:30〜話し合い  *ボランティア講座 定例会24日(月)10:00〜 テーマ「お話会の小道具づくり 会員」               *憲法カフェ25日(火)3期・7月学習会「いま、福島は・報告と話し合い」誰でも・予約制             *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会12日(水)7:00〜読書会              *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会13日(木)7:00〜読書会宮下奈都「スコーレーNO4」                  *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会14日(金)7:00〜制作「手遊び」                  *絵本の会21日(金)7:00〜ロングセラー絵本の魅力           *羊毛ちくちくの会20日(木)10:00〜制作                                                                                                           

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山