« 海からのおたよりー2014年5月 | トップページ | 石の卵 »

2014年5月18日 (日)

かぞくのヒミツ

Photo
「かぞくのヒミツ」
イソール作
宇野和美・訳
エイアールティー 本体1500円


”ないしょだよ!わたしは見ちゃったんだ。わたしのママはヤマアラシだったんだ。朝ちょっと早く起きたら台所にヤマアラシがいたのだ。だからママはきれいにするのにたいへんだ。夕方のママはもうきれいに髷を結っていたけれど。”子どもはいつ頃からもしかしたら親はこれまでのママとちょっと違うかもしれないと思うでしょうか。そんなふうに親を見ることができるのは、親と自分だけの密着関係でなく少し離して関係づけができるような年齢になっているからです。ママは私のママでなく、ちゃんと名前があること、私は私、でもママの子どもだから絵本のように自分も大きくなったらママのようにヤマアラシになるのかもしれない、大きくなったらママのようになるのはうれしいけれど、ママはヤマアラシなので私もヤマアラシになるのはちょっと怖くて不安なこと。これは私のママのことだけでなくお泊まりにいったエリカちゃんのきれいなママはなんとクマだった、これもびっくりです。なんだか世界が変わってしまったように感じます。
 作者はあえて子どもたちに呼びかけます。あなたの家は?子どもはどうこたえるでしょうか。いえ、これは秘密だから言いません。作者の辛口なブラックユーモアは、子どもこそわかること、感じていること、子どもの成長を信頼して描いているのでないでしょうか。あまり日本にはこのような絵本はみられません。抑えた色と漫画のような動きのある線で子どもの気持ちが良く描かれています。
 作者はアルゼンチンの作家で2013年にリンドグレーン記念文学賞を受賞しています。


« 海からのおたよりー2014年5月 | トップページ | 石の卵 »

絵本」カテゴリの記事

コメント

早速にご紹介いただき、ありがとうございます。日本の子どもたちのために寄せてくれたイソールさんの言葉から、彼女の子どもたちへのあたたかなまなざしが見て取れますね。アルゼンチンの独裁政権の時代に生まれ、幼児期を過ごした作家だからこその芯の強さを感じさせる作品が多いように思います。これからも、刊行していきたいと思っています。たくさんの方の手に取ってもらえますように。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/59666511

この記事へのトラックバック一覧です: かぞくのヒミツ:

« 海からのおたよりー2014年5月 | トップページ | 石の卵 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

6月の営業とお休み

  • 6月のお休み
    *6月5日・12日・19日・26日の月曜日                    *6月4日・11日・18日・25日の日曜日は1:30〜6:00            *営業時間10:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *グループ学ぼう・話そう 定例会第2月曜日12日(月)10:00〜話し合い  *ボランティア講座 定例会19日(月)10:00〜 テーマ「科学絵本を読む・非公開」              *憲法カフェ27日(火)3期・6月学習会「いま、福島は・報告と話し合い」誰でも・予約制             *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会15日(木)7:00〜読書会・D・J・ハスケル著「ミクロの森」               *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会8日(木)7:00〜読書会R・M・フイッツジェラルド著「スピニー通りの秘密の絵」   *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会23日(金)7:00〜制作「絵本を読む」                *絵本の会16日(金)7:00〜方言で昔話を聞く・絵本で見る 語り手高橋峰夫さん                 *羊毛ちくちくの会22日(木)10:00〜制作                                                                                                           

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山