« かぞくのヒミツ | トップページ | かしこくいきるしまりす »

2014年5月19日 (月)

石の卵

Photo
「石の卵」
たくさんのふしぎ傑作集
山田英春 文・写真
福音館書店 本体1300円


表紙の写真を見ると卵にしては凸凹しているので?と思いますが、石を割ってみるとあっ!卵だ。中に卵の黄身のように輝いた違うものが入っているのがわかり、まさに卵みたいです。割らないで外から見ると「ドラゴンの卵」そうそう、この本のページをめくってみるとたくさんの「ドラゴンの卵」が載っています。「ドラゴンの卵」は世界の各地で見つけられます。日本では石川県で見つけられたものがでています。実はこの石は「ドラゴンの卵」ではありません。(ドラゴンって想像上のものでした。私はいたと思うのですが)これは自然にできたセプタリアと呼ばれているものです。割ってみるとなかにあるのは隙間にできた方解石という石の結晶が球の隙間をうめているものです。それにしても数千万年から一億年以上も前、海の底ではじまって、気が遠くなるような年月、死んだ貝やアンモナイトに泥などがくっついて、ゆっくりと長い年月がかかってできたものです。これらの「ドラゴンの卵」はひとつとして同じものがないそうです。たくさんならんでいるなかで私の一番のお気に入りはロシアのヴォルガ川から見つかった虹色に光る鉄の細かい粒がつまった「ドラゴンの卵」ですP13。また、「雷の卵」サンダーエッグと呼ばれている石もあります。これは火山が噴火した時に出来たものです。たくさんの泡がとじこめられてそのなかにメノウやオパールがみつけられます。P19
 自然は人の叡智では考えられない不思議なものがあり、あちらこちらを探しながら歩くロックハウンドにあなたもなるかもしれません。

« かぞくのヒミツ | トップページ | かしこくいきるしまりす »

児童書」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/59672494

この記事へのトラックバック一覧です: 石の卵:

« かぞくのヒミツ | トップページ | かしこくいきるしまりす »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

6月の営業とお休み

  • 6月のお休み
    *6月5日・12日・19日・26日の月曜日                    *6月4日・11日・18日・25日の日曜日は1:30〜6:00            *営業時間10:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *グループ学ぼう・話そう 定例会第2月曜日12日(月)10:00〜話し合い  *ボランティア講座 定例会19日(月)10:00〜 テーマ「科学絵本を読む・非公開」              *憲法カフェ27日(火)3期・6月学習会「いま、福島は・報告と話し合い」誰でも・予約制             *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会15日(木)7:00〜読書会・D・J・ハスケル著「ミクロの森」               *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会8日(木)7:00〜読書会R・M・フイッツジェラルド著「スピニー通りの秘密の絵」   *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会23日(金)7:00〜制作「絵本を読む」                *絵本の会16日(金)7:00〜方言で昔話を聞く・絵本で見る 語り手高橋峰夫さん                 *羊毛ちくちくの会22日(木)10:00〜制作                                                                                                           

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山