« はじめての北欧神話 | トップページ | クグノビックリバコ »

2014年3月23日 (日)

とりがないてるよ

 鳥の声が賑やかになってきました。春です!
Photo
「とりがないているよ」
ヨアル・ティーベリ ぶん
アンナ・ベングトソン え
オスターグレン晴子 やく
福音館書店 本体1000円

表紙の鳥「ゴジュウカラ」からはじまって「アオガラ」「カササギ」「ゴジュウガラ」「アオサギ」「スズメ」「オオバン」「マダラヒタキ」ヨーロッパアオゲラ」「ウソ」「コミミズク」「クロウタドリ」「シジュウカラ」裏表紙は「ワタリガラス」の鳴き声が見開きのページに描かれています。しかも写真でなく手描き、スウェーデンからの翻訳絵本なので描かれている鳥はおもにヨーロッパでみられる鳥の鳴き声という断り書きがしてあります。(シジュウカラは日本と種類がちがうとのこと)つまりこの絵本は鳥の図鑑ではなく鳥の絵本だということです。図鑑はたくさん出ています。鳴き声の入ったアプリも開発されていて便利になっていますが、絵本ではそれとちがう意味があります。
Photo_2
「だれのなきごえかな?」
ディック・ブルーナ ぶん/え
まつおかきょうこ やく
福音館書店 本体700円

この絵本も名前を知るための絵本ではありません。ブルーナの絵はたいへんデザイン化されていて、本物とは違いますが、ともすると本物以上に本物に見えてしまいます。たとえば牛は”もぉ〜う、わたしはうしよ”と子どもたちに呼びかけます。子どもはちゃんと本物の牛ではないということがわかる、でも”もぉ〜う”と鳴いたよと絵本を楽しみます。
 鳴き声にはこんな楽しい絵本もあります。
Photo_3
うしはどこでも「モ〜!」
エレン・スラスキー・
ワインスティーン=作
ケネス・アンダーソン=絵
桂かい枝=訳
すずき出版 本体1400円

犬はどこの国でも”ワンワン”というわけではない、国の違いで聞こえ方が違うということを落語家が関西弁で語っています。確かに!表現する言葉はその国の文化と深いつながりがある、そして世界はほんとにいろいろの人が生きている、そんな固く言わなくとも・・・ともかくとても愉快な絵本です。
 鳴き声だけでなく、色も形も人によってはいろいろに見えるのですよね。


« はじめての北欧神話 | トップページ | クグノビックリバコ »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/59344796

この記事へのトラックバック一覧です: とりがないてるよ:

« はじめての北欧神話 | トップページ | クグノビックリバコ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

7月の営業とお休み

  • 7月のお休み
    *7月2日臨時(日)・3日・10日・ 24・31 日の月曜日               *7月9日・16日・23日・30 日の日曜日は1:00〜6:00            *その他の営業時間3:00〜8:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *グループ学ぼう・話そう 定例会第1月曜日3日(月)1:30〜話し合い  *ボランティア講座 定例会24日(月)10:00〜 テーマ「お話会の小道具づくり 会員」               *憲法カフェ25日(火)3期・7月学習会「いま、福島は・報告と話し合い」誰でも・予約制             *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会12日(水)7:00〜読書会              *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会13日(木)7:00〜読書会宮下奈都「スコーレーNO4」                  *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会14日(金)7:00〜制作「手遊び」                  *絵本の会21日(金)7:00〜ロングセラー絵本の魅力           *羊毛ちくちくの会20日(木)10:00〜制作                                                                                                           

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山