« やくそく | トップページ | 三千と一羽がうたう卵の歌 »

2014年2月18日 (火)

はじめまして

Dscf2487

たくさん降った雪が溶けて、県庁のバス停のそばのカワズザクラが3分咲きになりました。風はまだ冷たくて、2月の冬空は油断出来ません。とはいうものの、もう一足で春です。

Photo
「はじめまして」
近藤薫美子 
偕成社 本体1200円


我が家の裏庭にはお隣のみごとな梅の木が枝を伸ばしています。白梅、満開です。近くにいくと良い香りがします。花が咲き始めた頃から、この絵本のようにたくさんの”はじめまして”と声がしました。雪が降ったのでその声の主たちに、りんごとみかんを少し枝に刺してやりました。花のなかに頭全部つっこんで密を吸うメジロや、あまり感心した声ではありませんが、ボサボサ頭の少年のようなヒヨドリもやってきます。この絵本でもたくさんの虫や鳥たちが桜の木、花々に”はじめまして”と挨拶しています。やがて春から夏、秋になり、冬、そしてまた春がめぐってきました。あちらこちらで”はじめまして”。生き物だけではありません。この桜の木もお日さまに”はじめまして”それは二度と同じものとの出会いではありません。つねに新しい命が生まれています。
 作者は虫などの細かい生き物を画面いっぱいに描き込む絵本を何冊もだしています。いままでどちらかというとつやのある紙に描いてあって、生々しくて苦手という虫嫌いの人がいるのですが、この絵本はつやの抑えた紙に色鉛筆を使って描いているので、生き物がちょっと苦手の人にも充分楽しめます。
(ちなみに私はゴキブリ以外は虫や蜘蛛やカエルなどにもあまり抵抗がありません。)いろいろなたくさんの生き物が一言ずつなにか言っています。小さな吹き出しにそれらは書かれているのですが、しっかり見てみると楽しいですよ。出会いはいつもはじめてです。”はじめまして、どうぞよろしく!!”

« やくそく | トップページ | 三千と一羽がうたう卵の歌 »

絵本」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/59159516

この記事へのトラックバック一覧です: はじめまして:

« やくそく | トップページ | 三千と一羽がうたう卵の歌 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

6月の営業とお休み

  • 6月のお休み
    *6月5日・12日・19日・26日の月曜日                    *6月4日・11日・18日・25日の日曜日は1:30〜6:00            *営業時間10:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *グループ学ぼう・話そう 定例会第2月曜日12日(月)10:00〜話し合い  *ボランティア講座 定例会19日(月)10:00〜 テーマ「科学絵本を読む・非公開」              *憲法カフェ27日(火)3期・6月学習会「いま、福島は・報告と話し合い」誰でも・予約制             *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会15日(木)7:00〜読書会・D・J・ハスケル著「ミクロの森」               *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会8日(木)7:00〜読書会R・M・フイッツジェラルド著「スピニー通りの秘密の絵」   *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会23日(金)7:00〜制作「絵本を読む」                *絵本の会16日(金)7:00〜方言で昔話を聞く・絵本で見る 語り手高橋峰夫さん                 *羊毛ちくちくの会22日(木)10:00〜制作                                                                                                           

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山