« トークの会のお誘い | トップページ | 野鳥が集まる庭をつくろう »

2014年1月14日 (火)

つばきレストラン

Photo
「つばきレストラン」
ーちいさなかがくのとも2月号ー
おおたぐろ まり・さく
福音館書店 本体390円



年末から新年にかけて暖かい日が続いたのですが、ここにきてすっかり寒くなりました。忙しくて冬の間に枝をおろさなければならなかった作業をやっとしました。というのは鳥が落としていって大きくなった桑の木、その後にお隣のみごとな梅の木があって、桑の木の枝を下ろさないと困るからです。そもそも空地を不法に使っている身としてはほっておくわけにはいきません。今年はみごとにたくさんの花芽がついていて、暖かくなるのを待っています。その梅の花が開くとメジロやヒヨドリたちがやってきて花のみつを吸います。この絵本の花は椿ですが。梅の花は早い所はチラホラと咲き始めました。椿はまだあまり咲いていません。いま咲いているのはサザンカで満開です。サザンカの花に鳥がきているのを見たことがありませんが、椿も梅も桜も寒さが厳しく、しかもいつまでも寒いと鳥たちはみつどころか花を食べてしまいます。それにしてもメジロも椿も春の季節の使者のような気がします。
 ところで文や言葉とイメージの関係を椿が春の花ということを例に、渡辺茂男さんが「すばらしいとき」(絶版)にシドニーにマックロスキーを訪ねたことからこんなことを書いていらっしゃいます。「5月の末、シドニーの住宅街でつばきのような木を見かけたことがありました。近づいて見ると、東京で見馴れたごくありふれた種類の椿でした。けれども最初は、つばきのような木としか見えませんでしたー中略ー わたしは、何気なく手のひらにに漢字で椿と書いて、はっと感じるものがありました。日本では椿は、春、花咲く木だったのです。シドニーの五月は秋でした。これは冗句ではありません。秋、シドニーの港を見下ろす丘の上の住宅の庭で見かけた椿からわたしがうけた興趣は、初春に、伊豆の待ちの椿からうける興趣とまったく異質のものでした。P25より」
 言葉や文から描くイメージはひとりひとりちがっている、ほんとに多様だということをあらためて思います。子どもの本の世界では、こんなにたくさんのイメージが表現された絵本が出版されているのに、なぜかイメージが痩せ細ってきて画一的になってきているのではないかと、この絵本がみごとに描いている椿と鳥たちの話を読みながらちょっと脇道ですが考えてしまいました。
 次はこの絵本のような野鳥を庭に呼ぶことが書いてある本を紹介します。

« トークの会のお誘い | トップページ | 野鳥が集まる庭をつくろう »

一般書籍」カテゴリの記事

絵本」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/58947288

この記事へのトラックバック一覧です: つばきレストラン:

« トークの会のお誘い | トップページ | 野鳥が集まる庭をつくろう »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

12月の営業とお休み

  • 12月のお休みは28日までありません。
    *お休み 28日午後から1月4日まで *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • 冬のおはなし会
    赤ちゃんからお年寄りまで、絵本を読んだりお話を聞いたり、さあ!はじまり・・・はじまり
  • 12月の定例会
    すべての集まりの定例会はお休みです
  • ー元気になる集まりいろいろー1月の予定
    *よいこ連盟(保育士・なろうとする人)12日(金)7:00〜                   *Y・Aの会 読書会(どなたでも)11日7:00〜 「とりあげる本 わたしを離さないで」     *学ぼう語ろう〜15日1:30〜「母の友1月号を読む(どなたでも) *絵本の会  19日7:00〜(誰でも)             *グループ放課後 読書会(公共図書館司書・その他)17日(水)7:00〜             *ボランティア講座 非公開 22日(月)10:00〜         *憲法カフェ30日(火)「沖縄は今」 28日(火)7:00〜(事前参加申し込み受付)        *羊毛チクチクの会 未定(事前参加申し込み受付)                                                                                                                         

できることから

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山