お仲間にどうぞ

  • 冬のおはなし会1月13日11時から
    赤ちゃんからお年寄りまで、絵本を読んだりお話を聞いたり、さあ!はじまり・・・はじまり
  • ー元気になる集まりいろいろー1月の予定
    *よいこ連盟(保育士・なろうとする人)12日(金)7:00〜                *Y・Aの会 読書会(どなたでも)11日7:00〜 「とりあげる本 わたしを離さないで」   *学ぼう語ろう〜15日1:30〜「母の友1月号を読む(どなたでも)             *絵本の会  19日7:00〜(誰でも)2017年のお気に入りの絵本を読む          *グループ放課後 読書会(公共図書館司書・その他)17日(水)7:00〜「とりあげる本 タイム・ライダース」     *ボランティア講座 非公開 15日(月)10:00〜       *憲法カフェ30日(火)「沖縄は今」 28日(火)7:00〜(事前参加申し込み受付)      *羊毛チクチクの会 18日10:00〜(事前参加申し込み受付)節分のイワシを作る                                                                                                                         

1月の営業とお休み

  • 1月のお休み
    *お休み 1日から4日 8日・15日・22日・29日各月曜日 *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山   

募金にご協力ください。

  • 募金にご協力ください
    いつもアジアの子どもたちに絵本を贈る運動に会留府も参加している団体。公益社団法人シャンティ国際ボランティア会へ。http://www.sva.or.jp *郵便振替口座 00170-8-397994 口座名 SVA緊急救援募金 東日本大震災募金」と記入 (青い用紙が郵便局にあります)一口1000円から  みんなの小さな気持ちを!!

できることから

無料ブログはココログ

« うんこはごちそう | トップページ | 講演会のお知らせ-オズと英米文学- »

2014年1月19日 (日)

「ニルスが出会った物語」のトークの会

2014年の最初のイベント「ニルスのであった物語」菱木晃子さんと平澤朋子さんのトークの会が終了しました。
Dscf1

お天気が不定なことや入試、風邪の流行など参加のできない方もたくさんでしたが、たくさんの方が楽しみにしていた菱木晃子さんと平澤朋子さんの気のあったお話を聞くことができました。最初にスウェーデンのボードの地図(私の仲間の専門店のティールグリーンさんの作成)をもとに「ニルスの旅」の概略の説明があって、それといっしょに菱木さんが映していらっしゃった取材の時の映像を見ながらニルスの物語のできるまでと作者の話がありました。日本からみるとスウェーデンは遠い印象があります。(菱木さんのお話によるとフランスより近いですよとのことですが)言葉の問題もありますが、イギリスや北欧の物語や音楽などにひかれる人にとって憧れの土地といっても言過ぎでありません。日本語に訳すること、そもそも古典全集があるけれどあまりに厚く、できるだけ子どもたちに読んで欲しいとのおもいから6冊のシリーズにしたこと、日本語に翻訳することの苦労もさることながら、それを絵にしていくことの大変さや工夫や取材の時のお話などがありました。平澤さんは取材の時、ニルスの目線で植物などを見るために、寝転んだりして小さくなっています。
Dscf20141

いちばん大変だったのは「老いぼれの馬」をどう描くかという話でした。元気な馬は取材したり観察したりできるけれど、「老いぼれの馬」は見られないとのことになるほどと思いました。どうやって本を作っていくかの過程も平澤さんが実際のスケッチやダミーを見せて説明してくださいました。なお、このシリーズは菱木さんと平澤さん、福音館の編集の方、デザイナーの方がチームをつくって月に1・2回あつまって意見を出し合いながらつくっていったとのことです。そのチームがこの本を作る支えになって出来たことを感ずるエピソードもたくさんお聞きでき、菱木さんと平澤さんの息の合ったお話に時々室内は笑いにつつまれ、とても楽しい時間を過ごすことができました。今度機会があったらリンドグレーンのお話も聞きたいとの声があがりました。
 このブログを見ていらっしゃる方も近くでのトークや原画展があったらぜひおでかけください。
北欧文学翻訳 菱木晃子公式ホームページ
平澤朋子ブログ

« うんこはごちそう | トップページ | 講演会のお知らせ-オズと英米文学- »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« うんこはごちそう | トップページ | 講演会のお知らせ-オズと英米文学- »

最近の写真

  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • Photo
  • Dscf2944
  • Dscf29402
  • 1
  • 3306602
  • Photo