« よふかしにんじゃ | トップページ |  冬のお話会 »

2013年12月25日 (水)

ふたばからのおたより-12月-

      

          クリスマスプレゼント
 
今日はクリスマス。年配者ばかりになった我が家でも、ささやかなクリスマスのお祝いをした。
 ずっと昔の話になるが、小学生のころの私は人見知りで、学校で口もきくことのできないような子どもだった。何がきっかけだったか、一人の同じクラスの男の子が朝迎えに来てくれるようになった。おとなしい優しい男の子だった。学校の行き帰り、いつのまにか一緒にいて、原っぱで二人よく遊んだ。捨て猫を拾って、土管の中で内緒で飼ったり、奥まった原っぱの一部を、秘密の場所にしたり。原っぱは、春になると野の草でいっぱいだった。高学年になったある日、「男の子と一緒に学校に行くなんて、おかしい。」と言われた。その翌日から一緒に歩かなくなった。迎えに来たその子に黙って首を振り、そんな2、3日が続いて、やがて来なくなった。そのうちブルドーザーが入り整備され、原っぱは中学校のテニスコートになった。そんなクリスマスの寒い朝、玄関の牛乳箱を覗くと、小さなプレゼントが入っていた。その男の子からの忘れられないクリスマスプレゼントの思い出だ。
 最近インターネットで読んだ記事にも、小さなクリスマスプレゼントの話がある。コンビニで働いている人からの投稿。ある時驚いた。亡くなったお父さんによく似たお客さんが来ている。ああ、父さんそっくり、と思うと胸いっぱいで、しばらく何度か見かけるうちに、また来なくなった。どうしたのかなと心配して誰に聞いても、そんな人いなかったよ、と言う。そうして、気が付いた。もしかしたら、あれは、私へのクリスマスプレゼントだったのかな。そんな内容だった。
クリスマスの夜は、小さな奇跡を信じたくなる。 メリー クリスマス。

Jpg

写真は、折り紙で作ったサンタさん。そのサンタさんをクルクル回る羽につけて、
今日の保育園おはなし会のプレゼントにしました。最後に子どもたちに配ると、60人もの子どもがホールいっぱいに広がって、クルクルクルクル飛ばして大騒ぎ、いい光景でした。
              (の)

« よふかしにんじゃ | トップページ |  冬のお話会 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« よふかしにんじゃ | トップページ |  冬のお話会 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

10月の営業とお休み

  • 10月のお休み
    *お休み 2日(月)・9日(月)・16日(月)23日(月)30日(月) *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *よいこ連盟(保育士・なろう とする人)13日(金)7:00〜  「絵本をみる」        *Y・Aの会 読書会(どなたで も)12日7:00〜 「とりあげ る本 赤川次郎の本を読む」   *絵本の会 「絵本づくりの現場から」講師光村教育図書編集・吉崎さん 20日7:00〜(誰でも)           *グループ放課後 読書会「蜜蜂と遠雷」(公共図書館司書・その他)18日(水)7:00〜                  *ボランティア講座 非公開 16日(月)10:00〜       *憲法カフェ26日(火)「教育と憲法2」講師千葉県若手弁護士の会・中島弁護士 9月31日(火)7:00〜         *羊毛チクチクの会ハロウィーンのカボチャをつくる 19日(木)10:30〜                                                                                                                         

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山