« ちびはち | トップページ | おへそがえる「ごん 」あらわれる »

2013年8月31日 (土)

八月の終わり

 八月の最後の日は店の決算なので、棚卸しをすることがもう何年も続いている。店にどれくらいの本があるのか、決算の申告をするのに当然求められるからだ。本は再販制があるし、固有物なので他の業界からくらべるとやり易いかもしれない。取次ぎはひとつ、不審な経理があれば調べるのは簡単だからだ。店の在庫はすべて資産なので税金がかかるから、なるべく少ない方が良いけれど、かといって在庫をへらすと売るのに差し支えるからなくしてしまうわけにはいかない。お客様の取り置きも、未収金などと帳簿にあげなければならないので、めんどうなので(経理が不得意だからといいわけ・・・)”取りにきてください”とかたっぱしから電話を入れたりする。今年の夏は酷暑なので、あんまりしつこく連絡するのはひかえたりしたのだけれど、このことも八月のいつもの慣例になってしまった。二ヶ月の間に申告するので数字は良く解らないけれど、売上はおそらく38年間の最低のように思われる。今後のことも含めて考えなければと思っている。
 今年の夏は、昔、思想に共鳴し真摯な生き方に感銘を受けた人が次々と亡くなった。どの人も70代から80代になっているのであまりおそくはないこの時がくることを漠然と思ってはいたけれど、その事実の前にたじろいでしまっている私自身がいる。それは、著書を読んだり、話を聞きに行ったりした昔の私と、すこしもかわらない私自身があるからだ。昔はわけもなく不安だった。なんでもできそうで、なんにもできそうではなくて、その間をいつも行ったり来たりしていた。その時のようにいまの私も一体私は何をしようとしているのか、何をしたいのか、自問しながら行ったり来たりしている。ただ少しちがうのは、時にはしばらくたちどまって考えることができるようになった。けれど、私にもまたあまり時間がなくなってきている。«できることしかできない»と自分自身に言い聞かせながら、今年の八月が終ろうとしている。
2387

なぜかこのイチョウの木のこの枝だけにびっちりと実ったギンナン、実の軽いどんぐりも地面いっぱいに落ちている。秋はすぐそこ!

« ちびはち | トップページ | おへそがえる「ごん 」あらわれる »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/58102522

この記事へのトラックバック一覧です: 八月の終わり:

« ちびはち | トップページ | おへそがえる「ごん 」あらわれる »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

10月の営業とお休み

  • 10月のお休み
    *お休み 2日(月)・9日(月)・16日(月)23日(月)30日(月) *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *よいこ連盟(保育士・なろう とする人)13日(金)7:00〜  「絵本をみる」        *Y・Aの会 読書会(どなたで も)12日7:00〜 「とりあげ る本 赤川次郎の本を読む」   *絵本の会 「絵本づくりの現場から」講師光村教育図書編集・吉崎さん 20日7:00〜(誰でも)           *グループ放課後 読書会「蜜蜂と遠雷」(公共図書館司書・その他)18日(水)7:00〜                  *ボランティア講座 非公開 16日(月)10:00〜       *憲法カフェ26日(火)「教育と憲法2」講師千葉県若手弁護士の会・中島弁護士 9月31日(火)7:00〜         *羊毛チクチクの会ハロウィーンのカボチャをつくる 19日(木)10:30〜                                                                                                                         

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山