無料ブログはココログ

« 学校図書館のこと | トップページ | るーきったん »

2013年7月 1日 (月)

ウミショウブの花

Photo
「ウミショウブの花」
ーたくさんのふしぎ8月号ー
横塚眞己人 文・写真
木本幸俊 監修
福音館書店 本体667円


千葉は梅雨の真っただ中、今日は少し涼しいお天気でした。この本の舞台の沖縄はもう梅雨が明けたとのことです。沖縄、西表島は「イリオモテヤマネコ」の生息地で有名です。でもこの表紙のものはなんでしょう?「ウミショウブ」というからには植物?海草とのことです。海藻のワカメなどはいつも食べていますし、海に遊びにいってもホンダワラのように良く知っているものがありますが、「ウミショウブ」というのは聞いた事も見た事もありません。なんだかかわいいウミボウズみたいです。これは「ウミショウブ」の雄花で、海がもっとも浅くなる24時間の間に受粉するのだそうです。もちろん「ウミショウブ」が潮の満ち引きを知っているわけではない、いいえきっと知っているのですね。人間が知らないだけなのでしょう。この本を読むとそうおもわれます。しかも雄花は雌花に吸い込まれて受粉するとのこと、やはり自然は不思議!といわないわけにはいきません。(あたりまえです。人間がなんでも知って、なんでもできるなんて、傲慢もいいところです)受粉した雌花は2ヶ月くらいで実をつける、著者は9月半ばに小ぶりのミカンくらいの実が巻き付いているのを見つけます。そして、割れた実から種ができて海にただよって海底に沈み、そこで芽生えます。命はこうしてつながっていきます。

« 学校図書館のこと | トップページ | るーきったん »

絵本」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/57706043

この記事へのトラックバック一覧です: ウミショウブの花:

« 学校図書館のこと | トップページ | るーきったん »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

9月の営業とお休み

  • 9月のお休み
    *お休み 4日(月)・11日(月)・18日(月)25日(月) *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *よいこ連盟(保育士・なろう とする人)8日(金)7:00〜  「紙芝居をしてみよう」       *Y・Aの会 読書会(どなたで も)14日7:00〜 「とりあげ る本 ペンギンハイウェー」    *絵本の会 「大人に絵本を」  15日7:00〜(誰でも)             *グループ放課後 読書会(公共図書館司書・その他」20日7:00〜                *ボランティア講座座 25日(月)10:00〜                *憲法カフェ26日(火)「教育と憲法」9月20日(水)7:00〜                *羊毛チクチクの会 21日(木)10:30〜                                                                                                                         

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山