« ちょっと そこまで | トップページ | とべ!カーピー »

2013年6月 5日 (水)

せなかにのぼれ

Photo
「せなかにのぼれ」
ちいさなかがくのとも7月号
金尾恵子さく
福音館書店 本体390円


<せなかにのぼれ>のこの絵本は「カイツブリ」の子育てのことが描かれています。しかも作者はこの観察を私が住んでいる千葉市の舟田池での取材をもとに書いているとのことです。子育ての鳥はいまならツバメをはじめとして身近な鳥がたくさん見られますが、水鳥は都会ではあまり見られないかもしれません。水鳥がいるような池も川も少なくなってしまいました。私は時々くたびれると近くの県立博物館へ出かけていきます。大きな木が多いのと、広い公園の中にあるので人があまりいなくてなんとなくのんびりとします。この博物館の中には生態園があって(うれしいことにここは無料です)池の側に鳥の観察舎があり、双眼鏡もあるし、説明をしてくださる人もいます。舟田池はこの中にあります。
表紙に描かれているのはカイツブリの親子、親鳥の背中にこどもがのっています。大きな親鳥が餌をもってくるとこどもたちは羽の下からでてきて餌を食べます。そして、親鳥の背中にのっておでかけ、でも、一番ちいさなひなはのりそこねてもう一羽の親鳥から餌をもらって、それから”うんとこ、やっとこそ!”と。そして背中でお昼寝です。雨が降っても、何かが近づいて来ても大丈夫、背中にのって移動します。なかなかカイツブリの観察はできませんが、カモはよく見られそばへ寄ってくるので人気ものです。
 本の中の折り込みに野鳥写真家の叶内拓哉さんのくわしい解説があります。


« ちょっと そこまで | トップページ | とべ!カーピー »

絵本」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/57532501

この記事へのトラックバック一覧です: せなかにのぼれ:

« ちょっと そこまで | トップページ | とべ!カーピー »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

11月の営業とお休み

  • 11月のお休み
    *お休み 3日(臨時)・6日(月)・13日(月)20日(月)27日(月) *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *よいこ連盟(保育士・なろうとする人)10日(金)7:00〜 「おもちゃと子ども」おもちゃカフェサンタ・西宮さんを囲んで話を聞く          *Y・Aの会 読書会(どなたでも)9日7:00〜 「とりあげる本 紙の動物園」        *学ぼう語ろう〜13日10:00〜「母の友10月号を読む・子どもの貧困とは(どなたでも)   *絵本の会 今年のクリスマスの絵本をみよう 17日7:00〜(誰でも)         *グループ放課後 読書会「くまのあたりまえ」(公共図書館司書・その他)15日(水)7:00〜            *ボランティア講座 非公開 20日(月)10:00〜       *憲法カフェ28日(火)「沖縄は今」レポーター沖縄在住石坂さん 28日(火)7:00〜(事前参加申し込み受付)       *羊毛チクチクの会30日(木)10:30〜クリスマスの飾り(事前参加申し込み受付)                                                                                                                         

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山