お仲間にどうぞ

  • 冬のおはなし会1月13日11時から
    赤ちゃんからお年寄りまで、絵本を読んだりお話を聞いたり、さあ!はじまり・・・はじまり
  • ー元気になる集まりいろいろー1月の予定
    *よいこ連盟(保育士・なろうとする人)12日(金)7:00〜                *Y・Aの会 読書会(どなたでも)11日7:00〜 「とりあげる本 わたしを離さないで」   *学ぼう語ろう〜15日1:30〜「母の友1月号を読む(どなたでも)             *絵本の会  19日7:00〜(誰でも)2017年のお気に入りの絵本を読む          *グループ放課後 読書会(公共図書館司書・その他)17日(水)7:00〜「とりあげる本 タイム・ライダース」     *ボランティア講座 非公開 15日(月)10:00〜       *憲法カフェ30日(火)「沖縄は今」 28日(火)7:00〜(事前参加申し込み受付)      *羊毛チクチクの会 18日10:00〜(事前参加申し込み受付)節分のイワシを作る                                                                                                                         

1月の営業とお休み

  • 1月のお休み
    *お休み 1日から4日 8日・15日・22日・29日各月曜日 *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山   

募金にご協力ください。

  • 募金にご協力ください
    いつもアジアの子どもたちに絵本を贈る運動に会留府も参加している団体。公益社団法人シャンティ国際ボランティア会へ。http://www.sva.or.jp *郵便振替口座 00170-8-397994 口座名 SVA緊急救援募金 東日本大震災募金」と記入 (青い用紙が郵便局にあります)一口1000円から  みんなの小さな気持ちを!!

できることから

無料ブログはココログ

« 砂の上のイルカ | トップページ | これ だれの? »

2013年6月 2日 (日)

講演会「おへそがえる ごん」をめぐって

今日、赤羽茂乃さんの講演会をもちました。前にもこのブログで書いたように、しばらく手に入らなかった「おへそがえる ごん」が3冊、やっと最初の版型で限定出版になりました。念願の復刊です。
1
2
3





「おへそがえる ごん」は私が敬愛していた赤羽末吉さんの作品で、福音館書店から出されていた本です。赤と緑と墨という3色だけで描かれていて、地味といえばそのとおりで、こういう絵本は読んでみなければこのおもしろさがわかりません。だから読んでもらったことのある子どもはとても好きになる絵本です。赤羽末吉さんの晩年の創作絵本です。絵巻絵本というように絵巻のように横に絵が展開しています。赤羽末吉さんにはアンデルセン賞受賞の前の年に店に来ていただいて、作品のお話をお聞きしてすっかりフアンになったのですが、大変な勉強家で、しかも満州から引き揚げてきて子どもを3人も亡くされたからでしょうか、亡くなるまで子どもたちに絵本を描かれてきた方です。教科書に載っていたからかもしれませんが「スーホの白い馬」が良く知られていますが、その他にたくさんの作品があります。子どものための絵本とはいえ決して子どもに媚びていない、良いものをしっかり伝えていくという意志が、ひとつの作品のなかにしっかりと込められています。
 今日お話していただいた講師の赤羽茂乃さんは家族的にいうと3男のお嫁さんにあたる方で、すぐご近所に住んでいらっしゃって生前の赤羽末吉さんの生き方をつぶさに見ていらっしゃった、それもあって遺された作品やそれが出来上がるまでのたくさんの資料を整理していらっしゃいます。
 なんとかねむっている「おへそがえる ごん」をまた復刊したいということで、微力ながら本屋としてお手伝いができたらと思い、やっと願いがかないました。
 今日は赤羽末吉さんの生前のエピソードを交えながら、赤羽末吉さんの遺されている創作ノート(手帖と覚え書き)からなにをどのように描かれたかお話していただきました。「おへそがえるごん」は赤羽末吉の人生そのものであること、子どもたちへの遺言ではないか、それは<なかよし半分こ>、<戦争の責任の重さ><現代の鳥獣戯画><日本の風景-しっとりとしたおだやかさ-子どもの本に安心感>など、どこにどう表現しているかなどをお話していただきました。
 子どもは特別かわったわけでもない、けれど取り巻く状況は変わって、赤羽末吉さんたちが伝えようとしてきたことを私たちは子どもたちに伝える努力をどれだけしてきたか、今の状況を思うにつけ、子どもたちに何をどう伝えているのか、いくのか、あらためて先人に学び心したいとおもいます。

« 砂の上のイルカ | トップページ | これ だれの? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/57512765

この記事へのトラックバック一覧です: 講演会「おへそがえる ごん」をめぐって:

« 砂の上のイルカ | トップページ | これ だれの? »

最近の写真

  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • Photo
  • Dscf2944
  • Dscf29402
  • 1
  • 3306602
  • Photo