« グーテンベルクのふしぎな機械 | トップページ | ちいさなはくさい »

2013年5月15日 (水)

つばめのハティハティ

Photo
「つばめのハティハティ」
ー鳥のおはなし絵本ー
箕輪義隆・絵
寒竹孝子・文
アリス館 本体1500円


JRの千葉駅には例年つばめが6・7つの巣をつくります。けれども今は駅舎もふくめて大改修をしているので巣を見つける事ができませんでした。それが、先日つがいのつばめを見つけ、もちろん巣も屋根のひさしの凹みにありました。昨日はちょっと離れている京成の駅舎でも見つけ嬉しくなりました。
 この絵本は主人公ハティハティ(インドネシア語で気をつけてというのだそうです)がインドネシアから生まれた日本に帰って来て、メスつばめのプティと知り合い家族をつくってこどもを育て、また、インドネシアに帰って行くまでの物語です。はじめの見返しにつばめの体の構造や声など、つばめの特徴が描かれています。本文もつばめという自然のなかの渡り鳥が、インドネシアと日本のわたりをする様子や子育てのことなど、科学的な物語になっています。すずめと同じで昔から良く見る事のできた私たちにはなじみの鳥です。本州ではつばめがきて春から初夏の季節が幕をあけます。それが近年すっかり少なくなってしまった一番の原因は家の構造なのではないかとおもいます。近年の建物はコンクリート造りなど、ひさしがあまりありません。マンションや高層の建物、壁も巣がつくりにくい、それに巣の材料の草や泥も少ないのではないかと思います。それからこの絵本のなかにも描かれているようにカラスにおそわれるのも多いのではないでしょうか。2回位(10個くらい)タマゴを産んでも孵って親鳥になるのはほんの2羽くらいとのこと、いくら近代的な街になっても、春になったらつばめが帰って来てくれるような街であって欲しいと思います。

« グーテンベルクのふしぎな機械 | トップページ | ちいさなはくさい »

絵本」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/57392269

この記事へのトラックバック一覧です: つばめのハティハティ:

« グーテンベルクのふしぎな機械 | トップページ | ちいさなはくさい »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

7月の営業とお休み

  • 7月のお休み
    *7月2日臨時(日)・3日・10日・ 24・31 日の月曜日               *7月9日・16日・23日・30 日の日曜日は1:00〜6:00            *その他の営業時間3:00〜8:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *グループ学ぼう・話そう 定例会第1月曜日3日(月)1:30〜話し合い  *ボランティア講座 定例会24日(月)10:00〜 テーマ「お話会の小道具づくり 会員」               *憲法カフェ25日(火)3期・7月学習会「いま、福島は・報告と話し合い」誰でも・予約制             *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会12日(水)7:00〜読書会              *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会13日(木)7:00〜読書会宮下奈都「スコーレーNO4」                  *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会14日(金)7:00〜制作「手遊び」                  *絵本の会21日(金)7:00〜ロングセラー絵本の魅力           *羊毛ちくちくの会20日(木)10:00〜制作                                                                                                           

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山