« 谷川俊太郎詩集 | トップページ | つなのうえのミレット »

2013年4月11日 (木)

講演会ーアーサー・ビナードさん

        講演会
     「日本語ぽこりぽこり」
講師  アーサー・ビナードさん
日時  2013年4月29日(月・祝)
    14時〜16時30分
会場  千葉市美術館 11階 講堂
     千葉市中央区中央3-10-8 中央区役所併設
定員  150名
参加費 会員無料 (会員外500円 必ず事前にお申し込みください)
問い合わせ・申し込み先TEL・FAX*043-274-0187石倉
                *043-285-0633十倉
主催:としょかんふれんず千葉市  後援:千葉市教育委員会
 アメリカ生まれのアーサー・ビナードさんの視線は、日本人が見過ごしてしまう「当たり前」が「当たり前ではない」ことを気付かせてくれます。自作の詩や絵本をとおして、日本語や日本の文化、東日本大震災、その後について。
 物事の本質を独自の感性でとらえたユーモアたっぷりなお話を、流暢な日本語で語っていただきます
 皆さんぜひお越ください。

   

Photo
Photo_2
Jpg



アーサー・ビナードさんを意識しだしたのは、「ここが家だ」(べン・シャーンの第五福竜丸 )だったろうかこのときはベン・シャーンの絵にひかれて読んでみた。それから野菜に目鼻がついて気持ちを語っている絵本「どんなきぶん?」(サクストン・ フライマン文/ヨースト・エルファーズ絵)や「ダンデライオン」(ドン・フリーマン作)「たんぽぽたいへん」(シャーロット・ミドルトンさく)など意識してみるとビナードさんが訳をしている絵本をずいぶん子どもたちに読んできたり、すすめてきたりしていた。
 でも「日本語ぽこりぽこり」小学館や「さがしてます」童心社「ひとのあかし」清流出版を読んで、ビナードさんが考えていることがひとつひとつ結びついてきた。歴史のなかの大きなできごと、毎日のささやかなできごと、それも後世に伝えなければいけないことを、私たち日本人はいつも逃げて忘れようとしてきた。それときちんと向き合わないで、どう世界の人びととのなかでお互い尊重しながら認めあえていけようか。それがなくて平和はなりたたないとも、原発の事故をとおして思い知らされた。けれど、もういつのまにか忘れようとしている。そして、わかったような顔で平和を説こうとしている。ビナードさんはいつもそんな日本人に忘れてはいけないと、気付かせてくれる。

« 谷川俊太郎詩集 | トップページ | つなのうえのミレット »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/57153847

この記事へのトラックバック一覧です: 講演会ーアーサー・ビナードさん:

« 谷川俊太郎詩集 | トップページ | つなのうえのミレット »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

12月の営業とお休み

  • 12月のお休みは28日までありません。
    *お休み 28日午後から1月4日まで *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • 冬のおはなし会
    赤ちゃんからお年寄りまで、絵本を読んだりお話を聞いたり、さあ!はじまり・・・はじまり
  • 12月の定例会
    すべての集まりの定例会はお休みです
  • ー元気になる集まりいろいろー1月の予定
    *よいこ連盟(保育士・なろうとする人)12日(金)7:00〜                   *Y・Aの会 読書会(どなたでも)11日7:00〜 「とりあげる本 わたしを離さないで」     *学ぼう語ろう〜15日1:30〜「母の友1月号を読む(どなたでも) *絵本の会  19日7:00〜(誰でも)             *グループ放課後 読書会(公共図書館司書・その他)17日(水)7:00〜             *ボランティア講座 非公開 22日(月)10:00〜         *憲法カフェ30日(火)「沖縄は今」 28日(火)7:00〜(事前参加申し込み受付)        *羊毛チクチクの会 未定(事前参加申し込み受付)                                                                                                                         

できることから

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山