« からすのパンやさんのつづきのはなし | トップページ | ふたばからのおたより -4月― »

2013年4月24日 (水)

海からのおたより 2013年4月

      ひじきのはなし

1
2




お久しぶりです。春の海辺にはいろいろな種類の海藻が寄ります。ことしは千葉ポートパークでしばしばヒジキを目にすることがあります。実は外海の波がかかるような荒磯に生えるヒジキが内湾の千葉ポートパークでみられるのは非常にめずらしいことなのです。最近海が荒れることが多いのと海流が影響しているのかも生のヒジキはくすんだ緑色で葉は多肉植物のように肉厚です。生のままでかじると渋く、とても食べられたものではありません。
 では、お総菜でおなじみのヒジキはどうやって加工されるのでしょうか。ヒジキはふつう干したものが袋入りで売られています。たまに鮮魚コーナーでパック入りの「生ひじき」がありますが乾燥ヒジキを水で戻したものです。
ヒジキの加工は大きく分けて「房州方式」と「伊勢方式」の2とおりあるそうです。「房州」ではヒジキを刈ったものをそのまま加工場でゆで上げてから干します。以前千倉でトラックいっぱいに積まれたヒジキを見ておどろきました。「伊勢」では刈ったヒジキを干してから茹でて、または蒸して乾燥させます。業界の8割が「伊勢」の方法で加工されています。(日本ひじき協議会)
千葉ポートパークで拾ってきた生のヒジキをお湯に入れてみました。さっと緑色に変りました。ヒジキは黒くないのですよ!
Photo

南房総の磯につくヒジキには漁業権があって一般の人は採ることができません。
これからの季節、背中にかごを背負った人が鎌を持ってヒジキを採る光景がみられます。茎がかたく、鎌を使うせいか「ヒジキは刈る」と地元の人はそういいます。ヒジキにはオスとメスがあるそうですが顕微鏡で見ないと確認できないそうです。古くから食べられてきたヒジキ。伊勢神宮では古代から「新撰」として2日に1度はお供えするそうです。

    どんぐりつうしん変集長 谷口優子

« からすのパンやさんのつづきのはなし | トップページ | ふたばからのおたより -4月― »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/57240463

この記事へのトラックバック一覧です: 海からのおたより 2013年4月:

« からすのパンやさんのつづきのはなし | トップページ | ふたばからのおたより -4月― »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

6月の営業とお休み

  • 6月のお休み
    *6月5日・12日・19日・26日の月曜日                    *6月4日・11日・18日・25日の日曜日は1:30〜6:00            *営業時間10:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *グループ学ぼう・話そう 定例会第2月曜日12日(月)10:00〜話し合い  *ボランティア講座 定例会19日(月)10:00〜 テーマ「科学絵本を読む・非公開」              *憲法カフェ27日(火)3期・6月学習会「いま、福島は・報告と話し合い」誰でも・予約制             *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会15日(木)7:00〜読書会・D・J・ハスケル著「ミクロの森」               *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会8日(木)7:00〜読書会R・M・フイッツジェラルド著「スピニー通りの秘密の絵」   *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会23日(金)7:00〜制作「絵本を読む」                *絵本の会16日(金)7:00〜方言で昔話を聞く・絵本で見る 語り手高橋峰夫さん                 *羊毛ちくちくの会22日(木)10:00〜制作                                                                                                           

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山