お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    <2018年度の募集中!自主講座のグループ もありますが、くわしくは会留府にお問い合わせ下さい、 *ボランティア講座と絵本の会は5月からスタート 参加募集中> ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     7月の予定・くわしくは7月のえるふ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 夏のえるふお話会 21日(土)7:00〜 お話と絵本を読んで+花火をして遊びます。 おとなといっしょです。参加はどなたでも/お申し込み受け付けています。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     *学ぼう語ろう〜9日10:00〜読書会 参加自由  ・・・・・・・・・・・・・・・   *Y・Aの本を読む会 12日(木)7:00〜読書会 ・・・・・・・・・・・・・・・ *羊毛チクチクの会 19日(木)10:30  〜(事前参加申し込み受付)        ・・・・・・・・・・・・・・・       *グループ放課後 18日(水)7:00〜読書会(公共 図書館司書・その他) ・・・・・・・・・・・・・・・          *憲法カフェプラスのプラス2 31日(火)  7:00〜社会保障と憲法  お茶パン付き800円 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      *絵本の会 20日(金)7:00〜今絵本がおもしろい。ポーランドのおはなしと絵本 非会員800円                                                                                                                         

7月の営業とお休み

  • 7月のお休み
    *お休み 変則になります。 2(月)・9(月)・17(火)・22(日)・23(月)29(日)30(月) *営業時間 いつもと15(日)10:30〜6:00 /1(日)・8(日)16(月・海の日)は1:00〜6:00

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山   
無料ブログはココログ

« おちゃのじかん | トップページ | はじまりの はじまりの はじまりのおわり »

2013年3月31日 (日)

唐亜明さんの講演会

 小雨が降った寒い日になりました。今年初めての講演会です。定員30名の小さな講演会は講師と身近な距離でお話を聞く事ができるという思いもあって始めたものです。統一のテーマは「日本の美のかたち」
 第一回目の今日は編集者でもあり、作家、翻訳者でもある唐亜明さんです。
 私がはじめてお話をお聞きしたのは「貝の子プチキュー」の原画を見せていただくことができて、1時間ものあいだしっかりお話をお聞きした事があったからです。その前から大きな版型の子どもだけでなく広く読む事のできる絵本、どれも大変私には印象深く、各々の作者や画家のことだけでなく、こういう特色のある絵本を編集した人はどんな人なのだろうと思っていました。時々「絵本の会」で編集者をおよびしてお話をお聞きすることがありますが、普通は絵本の編集者は黒子なのでおもてにでて話されることはほとんどありません。お願いしたときもやはり”黒子ですから”とはおっしゃられましたが、私は前の経験がありましたので、そこは強引にお願いしてしまいました。
 お話はご自分の中国でのこと、どういう生活だったか、どんないきさつで日本にきて編集の仕事をされることになったかなど、ユーモアをまじえてのお話でした。
Photo
60
Photo_2









 「貝の子プチキュー」(茨木のり子・文/山内ふじ江・絵)からお話ははじまりました。茨木のり子さんは岸田衿子さんの紹介、岸田さんの北軽井沢の生活、そして、茨木のり子さんの「まっすぐな人」というお話で茨木さんの詩が思い出されました。「ふるさと60年ー戦後のにほんとわたしたちの歩み」(道浦母都子・文/金斗鉉・絵)は愛知万博の日本館のなかにあった6枚の絵がもとになり、本になるまで8年かかったとのことです。テーマは家族、町がすこしずつ変わっていく様子と子どもたちのその頃の遊ぶ様子が描かれています。そして、「富士山うたごよみ」(U・G・サトー絵/俵万智・短歌文)斬新な絵ですが、絵をならべただけでは絵本ではなく画集、絵本はつながりが大切という絵本づくりの本質的なお話です。この絵本では短歌も絵もバラバラなのものをつなげるのにアジアの文化である二十四節気をつかったこと、人の気をひきつける絵と日本の美しいリズムの短歌、子どもの反応(俵さんの子どもの反応)でこの絵本はつくられたとのことです。そして、日本の美もいろいろ共有し学びあうなかから生まれてくること、異文化のなかで生きていくのは豊かになる、生きる力が生まれること、戦争をくぐった世代の強さが日本の絵本の黄金時代をつくったと話されました。しっかりとした生活にもとづいた表現のすばらしさ、今後もそのような絵本をつくっていきたいとの抱負です。
 2時間程のお話でしたが、もう一度思い出しながら考えていきたいとおもいます。子どもの本作りの末端にいるものとして、ひとりのおとなとして。

« おちゃのじかん | トップページ | はじまりの はじまりの はじまりのおわり »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/57077518

この記事へのトラックバック一覧です: 唐亜明さんの講演会:

« おちゃのじかん | トップページ | はじまりの はじまりの はじまりのおわり »

最近の写真

  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • P1010131
  • Photo
  • Photo