« イソップのおはなし | トップページ | クレジー・サマー »

2013年2月17日 (日)

春はすぐそこですか!

Dscf2229a
千葉高校の桜です。もうこんなに蕾がふくらんでいます。それなのに風がつめたい、昨日などは一日つめたい、そして強風が吹きまくっていました。あちらこちらは入試です。昨日はある大手予備校が高校入試の説明会でした。朝早くから家族連れが店の前を通るので何事かと思っていたのですが、説明会で中学2年生が対象でした。家族で受験の説明会に押しかけてくる、やっぱり私が中学生だったときとはすごくちがって浦島の気分です。
 お昼ちかく約束の子どもたちがあらわれました。千葉大のイベントで小学生と大学生がグループになって街の店探検、少し前に申し入れのあったことです。来た印にシールを貼ってお薦めの本を教えるというものでした。本部との連絡はすべてスマホ、シールはかわいいヒツジのシールです。子どもたちは前からなにか一緒にしているわけでなく、当日、その場かぎり、そんな状態に本をすすめるのはできないので、”この店の本は全部おすすめだから、自分で選んでもってきて、それがどんな本か説明するので自分で選んでね。”と言いました。近所や知っている本屋と違うので戸惑っていましたが、持って来た本がどんな本か話をすると、びっくりしながら聞いていました。会留府にははじめてきた子どもたちです。イスに座り込んで読み始めたこども、「周期表」の本をはじめて見たらしく興味津々、年齢も身体も男女もバラバラなので私のほうもおもしろかった、それにつれてきた大学生のなかで、絵本を良く知っている人がいて、小さな時に読んでもらった本ばかりと言っていました。大学生が知っている本を見つけて興奮していたのがおかしく、聞いている私も気分の良い「ご一行様」でした。みんなで本をもって”ハ〜イ!パチリ!”
 体調を崩す子どもが多くて、この寒さは気分を沈めてしまいます。最近そんな話ばかり聞いていたので、久しぶりに楽しい時になりました。
 2月には梅も桜も春の準備をし始めます。bud春よこい!


« イソップのおはなし | トップページ | クレジー・サマー »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/56788186

この記事へのトラックバック一覧です: 春はすぐそこですか!:

« イソップのおはなし | トップページ | クレジー・サマー »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

12月の営業とお休み

  • 12月のお休みは28日までありません。
    *お休み 28日午後から1月4日まで *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • 冬のおはなし会
    赤ちゃんからお年寄りまで、絵本を読んだりお話を聞いたり、さあ!はじまり・・・はじまり
  • 12月の定例会
    すべての集まりの定例会はお休みです
  • ー元気になる集まりいろいろー1月の予定
    *よいこ連盟(保育士・なろうとする人)12日(金)7:00〜                   *Y・Aの会 読書会(どなたでも)11日7:00〜 「とりあげる本 わたしを離さないで」     *学ぼう語ろう〜15日1:30〜「母の友1月号を読む(どなたでも) *絵本の会  19日7:00〜(誰でも)             *グループ放課後 読書会(公共図書館司書・その他)17日(水)7:00〜             *ボランティア講座 非公開 22日(月)10:00〜         *憲法カフェ30日(火)「沖縄は今」 28日(火)7:00〜(事前参加申し込み受付)        *羊毛チクチクの会 未定(事前参加申し込み受付)                                                                                                                         

できることから

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山