« このあかいえほんをひらいたら | トップページ | ボランティア講座 »

2013年1月19日 (土)

海からのおたより2013年1月

 ナメクジの言い分
遅ればせながら、あけましておめでとうございます。ことしもまたいろいろないきものを見ていきたいとおもっておりますのでよろしくおねがいいたします。
  Photo
「ナメクジの言い分」
足立則夫・著
ー岩波科学ライブラリー198
岩波書店 本体1200円


新年早々苦手な「なめくじ」のお話ですみません。殻がないだけで嫌われ者のナメクジ。なんとそれをエッセイにした本が出ました。
 この本は生物学者ではない作者のナメクジに対する愛情があふれています。みずからナメコロジー研究会を立ち上げてナメクジ情報を集めておられるだけあってディープな内容です。思わず鳥肌を立てながらナメクジの世界へ引き込まれてしまいました。一度ナメクジに砂糖をかけてみたいと思っていましたがこの本で実験してくれていました。なんと大丈夫だそうです。
 流行の発信地、秋葉原には江戸時代から続く「黒焼き屋さん」が今でもあります。江戸城に近いので「イモリの黒焼き」が売れたそうな。なんでもかんでも黒焼きだらけ。明治30年生まれの祖母が「ナメクジの黒焼き」を幼かった叔母に飲ませたことがあったそうです。薬をのんでも一向によくならなかったのに黒焼きで「のどが治った」というのです。炭になれば何でも同じ・・・・だと思うのですが平成の世の中になっても商売になっているのがおもしろいです。

Imgp9496
Imgp94982

 昨年、次男がチャコウラナメクジを飼っていたら卵を産みました。なんときれいな卵でしょう!最近、外来種であるチャコウラナメクジが日本中に勢力を拡大しています。卵は150個ほどありました。全部ナメクジになったら大変なのでかわいそうですが『標本』にしました。チャコウラナメクジは冬に卵を産み、春先に1年の生を終えます。
 本の表紙に「ナメクジのほうがしがらみのないぶん自由なんだよ!?」とあります。本当かどうか言い分をぜひ聞いてやってください。
言い分は聞いたし、薬になるかもしれないけど、やっぱり好きになれないわたしです。

   どんぐりつうしん変集長  谷口優子
 


« このあかいえほんをひらいたら | トップページ | ボランティア講座 »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/56580018

この記事へのトラックバック一覧です: 海からのおたより2013年1月:

« このあかいえほんをひらいたら | トップページ | ボランティア講座 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

12月の営業とお休み

  • 12月のお休みは28日までありません。
    *お休み 28日午後から1月4日まで *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • 冬のおはなし会
    赤ちゃんからお年寄りまで、絵本を読んだりお話を聞いたり、さあ!はじまり・・・はじまり
  • 12月の定例会
    すべての集まりの定例会はお休みです
  • ー元気になる集まりいろいろー1月の予定
    *よいこ連盟(保育士・なろうとする人)12日(金)7:00〜                   *Y・Aの会 読書会(どなたでも)11日7:00〜 「とりあげる本 わたしを離さないで」     *学ぼう語ろう〜15日1:30〜「母の友1月号を読む(どなたでも) *絵本の会  19日7:00〜(誰でも)             *グループ放課後 読書会(公共図書館司書・その他)17日(水)7:00〜             *ボランティア講座 非公開 22日(月)10:00〜         *憲法カフェ30日(火)「沖縄は今」 28日(火)7:00〜(事前参加申し込み受付)        *羊毛チクチクの会 未定(事前参加申し込み受付)                                                                                                                         

できることから

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山