« 金原瑞人さん講演会のお知らせ | トップページ | みて、ほんだよ! »

2012年12月 5日 (水)

桜島の赤い火

Photo_2
「桜島の赤い火」
ーたくさんのふしぎ1月号ー
宮武健仁 文・写真
福音館書店 本体667円 


先日火山の噴火のことが新聞にでていました。日本は地震国でまた大きな地震があるのではないかといわれています。とくに福島の原発の事故いらい、地震だけでなく、他とむすびついたらどうなるのだろうと不安におもいます。この本の写真家は中学校の修学旅行に阿蘇山にいって絵はがきセットを買ったとき、火口が赤く光っているのがあり、地球のなかが赤く光っていることを身近に感じ、おとなになって桜島で見ようと思ったのがはじまりだったと書いています。
 2009年7月22日鹿児島から桜島に向かいます。時間をおって噴火のようすが写真で記録されていきます。すごいです!写真でこうなのだから、近くでみたら、きれいというより地球のエネルギーに圧倒されると思います。それから次は火山雷のこと、2009年12月16日午後7時9分の写真、私はこの本ではじめて火山の噴火の時雷がみられるということを知りました。(雪国では雪の降り始める時雷ががなります。「雪下ろし雷」です。)写真家はそれからたびたび桜島をおとずれ、山だけでなく川、水のことも書き記されています。
 火山の噴火、美しいというかおそろしいというか、地球はたくさんの恵を与えてくれます。それと同時にすべてを飲み込んでしまう、海と同じく赤い火は命の象徴なのです。

« 金原瑞人さん講演会のお知らせ | トップページ | みて、ほんだよ! »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/56259993

この記事へのトラックバック一覧です: 桜島の赤い火:

« 金原瑞人さん講演会のお知らせ | トップページ | みて、ほんだよ! »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

6月の営業とお休み

  • 6月のお休み
    *6月5日・12日・19日・26日の月曜日                    *6月4日・11日・18日・25日の日曜日は1:30〜6:00            *営業時間10:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *グループ学ぼう・話そう 定例会第2月曜日12日(月)10:00〜話し合い  *ボランティア講座 定例会19日(月)10:00〜 テーマ「科学絵本を読む・非公開」              *憲法カフェ27日(火)3期・6月学習会「いま、福島は・報告と話し合い」誰でも・予約制             *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会15日(木)7:00〜読書会・D・J・ハスケル著「ミクロの森」               *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会8日(木)7:00〜読書会R・M・フイッツジェラルド著「スピニー通りの秘密の絵」   *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会23日(金)7:00〜制作「絵本を読む」                *絵本の会16日(金)7:00〜方言で昔話を聞く・絵本で見る 語り手高橋峰夫さん                 *羊毛ちくちくの会22日(木)10:00〜制作                                                                                                           

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山