お仲間にどうぞ

  • 冬のおはなし会1月13日11時から
    赤ちゃんからお年寄りまで、絵本を読んだりお話を聞いたり、さあ!はじまり・・・はじまり
  • ー元気になる集まりいろいろー1月の予定
    *よいこ連盟(保育士・なろうとする人)12日(金)7:00〜                *Y・Aの会 読書会(どなたでも)11日7:00〜 「とりあげる本 わたしを離さないで」   *学ぼう語ろう〜15日1:30〜「母の友1月号を読む(どなたでも)             *絵本の会  19日7:00〜(誰でも)2017年のお気に入りの絵本を読む          *グループ放課後 読書会(公共図書館司書・その他)17日(水)7:00〜「とりあげる本 タイム・ライダース」     *ボランティア講座 非公開 15日(月)10:00〜       *憲法カフェ30日(火)「沖縄は今」 28日(火)7:00〜(事前参加申し込み受付)      *羊毛チクチクの会 18日10:00〜(事前参加申し込み受付)節分のイワシを作る                                                                                                                         

1月の営業とお休み

  • 1月のお休み
    *お休み 1日から4日 8日・15日・22日・29日各月曜日 *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山   

募金にご協力ください。

  • 募金にご協力ください
    いつもアジアの子どもたちに絵本を贈る運動に会留府も参加している団体。公益社団法人シャンティ国際ボランティア会へ。http://www.sva.or.jp *郵便振替口座 00170-8-397994 口座名 SVA緊急救援募金 東日本大震災募金」と記入 (青い用紙が郵便局にあります)一口1000円から  みんなの小さな気持ちを!!

できることから

無料ブログはココログ

« 自然の力 | トップページ | オズのパッチワーク娘 »

2012年8月16日 (木)

お祭りと千葉の歴史

 いよいよ明日から店、月末は決算棚卸しがあるのでけっこう忙しい。大型の夏休みはお墓参りに行ったほかはほとんど家で仕事をしていた。学校の9月に間に合わせるための本をそろえたり、書類をつくったり、原簿の作成をしたり、あいかわらずの仕事だった。でも、まとまって本が読めた、特にいつも読む事が後回しになる本が読む事が出来良かった。テレビがないのでオリンピックもラジオでそこそこにベットにひっくりかえって聞く事ができた。それと、流星も金星のかくれんぼも見る事ができて嬉しい。
 今日は朝から店で明日からの準備、3時過ぎに書店組合に請求書の印をもらいに歩いていると、中央公園で御神輿の待機しているのに出会った。
Photo
 そういえばお祭り続き、今日から千葉神社の一言妙見祭、これは妙見信仰でお祭りの一日ごとに願をかけて終わりの22日には満願になるとか、妙見様というのは北極星と北斗七星のご神霊?とのことで千葉氏が宗家、私は千葉の出身でないので、このことはずっと後になって知った。(星のことから)交差点で信号待ちをしていた人たち、これから御神輿の先頭で歩くのだけれど暑くてたいへんだなぁと思う。かえってもっと重いけれど御神輿をかついだほうが良いのではないかなどと、これもまた御神輿を担ぐために集まっている人たちを横目で見ながら、このあと土曜、日曜と親子三代夏祭りがあるのだけれどと思う。
 お祭りは楽しい。昔のお祭りとは趣が変わってしまったけれど、このとき出来たら子どもたちに歴史を話せたら良いとおもう。8月15日もあることだし、お盆のこともあることだし、でも、語れるものはあまり知らないしなぁと思ってもみる。
Photo_2
「おはなし 千葉の歴史」
千葉県歴史教育者協議会・編
岩崎書店 本体1800円」



 昔、同じ版元から各地の歴史の本がでていた。それをずっと大判ビジュアルにして読みやすくなった。千葉=房総半島の各地の歴史、はじまりは縄文時代の遺跡加曽利貝塚、そして、この間の震災まで、おはなしとはいっても物語になっているわけではない。ノンフィクションともちがって、ある特定のことがずっと書かれているわけではない。時代によって、どんなことがあったかということはもちろんのことだけれど、私が受けた歴史の授業のようではなく、どの時代にも人々がどんな暮らしをしていて、どんなことを願っていたかを、執筆者が大部分先生のためか、残されたものから読みやすく物語風に書かれている。それで「おはなし千葉の歴史」とのこと。
 千葉へ来てともかく気候の穏やかさと食材の豊かな事に驚いた。高い山がないのが不満だけれどなんといっても暮らしやすい。でも、そのかげには過酷なできごとがあって、空や海が息も絶え絶えになっている今の現実、それは千葉だけでなく日本の現実なのだ。
 子どもたちには伝えていきたいとおもう。そのことは未来につながっていることだからと。この本がその手掛かりのひとつになればいいなぁと願う。


« 自然の力 | トップページ | オズのパッチワーク娘 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/55439282

この記事へのトラックバック一覧です: お祭りと千葉の歴史:

« 自然の力 | トップページ | オズのパッチワーク娘 »

最近の写真

  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • Photo
  • Dscf2944
  • Dscf29402
  • 1
  • 3306602
  • Photo