« ふたばからのおたより  - 5月 - | トップページ | 海からのおたより 2012年6月 »

2012年6月 2日 (土)

六月になって

六月になった。
五月の花がバラなら、六月の花はツユクサだ。
Photo

この頃あまり見かけなくなった。昔はきわめてありふれた花のひとつで、家や道端にさえはえていた。もっと紫色だったように思うのは、もっと赤紫の花も見ているので、単にこういうひとつの種類かもしれない。この写真のツユクサは店のお隣さんに咲いていたもの、今年はきれいに咲いた。今は原発の問題が取り上げられているけれど、少し前、高度成長といっしょに問題にされたことに公害、大気汚染がある。私は東京に出て来てから喘息の発作を時におこすようになったのと、化学物質のアレルギーがおきるようになった(石油系がダメ)ので、身体をとおして関心がある。大気汚染の状態を観察するのに、このツユクサが使われるのを知った記憶がある。
今年は蝶をあまり見かけなかった。春がおそかったので、そのためかどうか、モンシロチョウをみたのは一週間ほど前だ。でも、今日クロアゲハが飛んでいた。今朝家の前にトンボが死んでいた。拾い上げて葉の上にのせて写真をとる。いつもより早い。

Jpg

Photo_2




ウグイスの鳴き声を聞いたのも最近、蜂はまだあまりいない。いつものように季節がめぐってくるとうれしくなる。ちょっと草取りをしたら、思っていたよりたくさんのミミズを見かけてホットする。
右の写真の植物にはじめて花が咲いた。「ビロードモウズイカ」ゴマノハグサ科、ふるさとは地中海沿岸の帰化植物とか、誰かが書いたのかこのめずらしい植物に手書きの説明がついている。
 もう、梅雨のような日々だ。蒸し暑かったり、なんだか肌寒い日だったり、時にはビールのおいしい時だったり、なんとか考えながら、少しでもむだな電気をつかわない生活をして乗り切り、原発のいらない未来をめざしたいと思う。

« ふたばからのおたより  - 5月 - | トップページ | 海からのおたより 2012年6月 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

つゆくさ、見なくなりましたね。今はナガミヒナゲシが花盛りです。^^;

winter-cosmosさま
こんばんは。
ツユクサはもう一種あると昨日のバザーではなしになりました。もう一種は私はトンボ草といっていますが。今日はこのブログに書いたように大気汚染を測る日とのことでした。
全国の県庁所在地の県庁の側で測るのだそうです。千葉では放射能も地震もおさまっていません。
いいも悪いも、そこからの出発です。(タケノコがいつものように食べられなかったのです)
この頃はブログは書かれませんか?楽しみにしています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/54860826

この記事へのトラックバック一覧です: 六月になって:

« ふたばからのおたより  - 5月 - | トップページ | 海からのおたより 2012年6月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

12月の営業とお休み

  • 12月のお休みは28日までありません。
    *お休み 28日午後から1月4日まで *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • 冬のおはなし会
    赤ちゃんからお年寄りまで、絵本を読んだりお話を聞いたり、さあ!はじまり・・・はじまり
  • 12月の定例会
    すべての集まりの定例会はお休みです
  • ー元気になる集まりいろいろー1月の予定
    *よいこ連盟(保育士・なろうとする人)12日(金)7:00〜                   *Y・Aの会 読書会(どなたでも)11日7:00〜 「とりあげる本 わたしを離さないで」     *学ぼう語ろう〜15日1:30〜「母の友1月号を読む(どなたでも) *絵本の会  19日7:00〜(誰でも)             *グループ放課後 読書会(公共図書館司書・その他)17日(水)7:00〜             *ボランティア講座 非公開 22日(月)10:00〜         *憲法カフェ30日(火)「沖縄は今」 28日(火)7:00〜(事前参加申し込み受付)        *羊毛チクチクの会 未定(事前参加申し込み受付)                                                                                                                         

できることから

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山