« ヒロシマ3部作 | トップページ | たんじょうび おめでとう! »

2012年1月11日 (水)

海からのおたよりー2012年1月 

    「タカラガイみつけたよ」

Photo

「かがくのとも」2月号はなんと「タカラガイみつけたよ」です。
表紙はみごとなタカラガイの絵。こんなにリアルにしかも生態まで描かれた本は見たことがありません。こどもの絵本で貝、それもタカラガイだけにスポットをあてたとはおどろきです。おとなのタカラガイコレクターが見ても十分納得できる画期的な1冊です。それもそのはず「タカラガイブック」の著者であり、葉山町のしおさい博物館館長である池田等さんが監修されています。
タカラガイは房総半島から南の磯に生息する巻貝です。銚子以北でもまれに(北海道でもからが打ちあがった記録があります)みつかりますが地味で小さな(2センチほどの)メダカラがほとんどです。
わたしが館山で見つけた貝でちょっとあそんでみました。(いちばん大きなホシガカラなど一部はほかの産地のものがあります。)この本は三浦半島・城ケ島のおはなしです。タカラガイはどこの海でもいるわけではありませんので親が海に連れていく場合には注意してほしいところです。
能登半島・志賀町富来の増穂が浦ちかくに住む貝のお友だちにさっそくこの本とともに南房総などで採ったタカラガイを送って差し上げました。増穂が浦は美しい砂浜とサクラガイが有名ですが、タカラガイはいません。御年86歳になる貝朋はたいそうよろこんでくれました。おなじ趣味があるということは年齢を超えてつながることができます。とてもしあわせなことだと思いました。
ネットでは高価なタカラガイが取引されています。高価なタカラガイを手に入れたとしても自分で拾った貝というのはボロくても特別な思いがあります。
〝なかなか海に行けない、タカラガイってどんな貝?“と思った方はぜひご連絡ください。すてきなタカラガイの世界へご案内します。

  どんぐりつうしん変集長 谷口優子


« ヒロシマ3部作 | トップページ | たんじょうび おめでとう! »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/53715000

この記事へのトラックバック一覧です: 海からのおたよりー2012年1月 :

« ヒロシマ3部作 | トップページ | たんじょうび おめでとう! »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

9月の営業とお休み

  • 9月のお休み
    *お休み 4日(月)・11日(月)・18日(月)25日(月) *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *よいこ連盟(保育士・なろう とする人)8日(金)7:00〜  「紙芝居をしてみよう」       *Y・Aの会 読書会(どなたで も)14日7:00〜 「とりあげ る本 ペンギンハイウェー」    *絵本の会 「大人に絵本を」  15日7:00〜(誰でも)             *グループ放課後 読書会(公共図書館司書・その他」20日7:00〜                *ボランティア講座座 25日(月)10:00〜                *憲法カフェ26日(火)「教育と憲法」9月20日(水)7:00〜                *羊毛チクチクの会 21日(木)10:30〜                                                                                                                         

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山