« 本へのとびら | トップページ | ひみつ »

2012年1月16日 (月)

草子ブックガイド1

Photo
「草子ブックガイド1」
玉川重機 コミック
講談社 本体695円


おもしろいコミックを見つけました。主人公草子は中学生です。舞台は青永遠屋という古本屋です。店主と猫、手伝いの岬のこの店にいつも一人の少女が来て、こっそり本を持っていきます。でも少したつと、またこっそりその本を返します。そして、その本には読後感想文がはさまっています。店主はそれを知っているけれど黙っています。ある日草子の父親が酒を買うためにその本を青永遠屋へ売ってしまいます。草子はあやまりにいきますが、店主はその読書感想文に免じて手伝いをするということを約束させます。
 草子が読んだ本のことの両脇に小さくいろいろの説明が書かれています。たとえば、その最初のページには「白っぽい本」「黒っぽい本」「見よごろ本」それから「円本」というふうに。草子は中学生となっているので学校図書館のことや司書教諭のことなどもでてきます。もちろん、それらのことだけ描かれているわけではなく、草子の親のこと、学校の事、岬のこと、いっしょに本を買いに(宅買い)行った先の話など、古本にまつわる物語があって、それらを軸にして、関係ある本のガイドブックという構成になっています。たとえば、1冊目、草子が読んだ本「ロビンソン漂流記」、草子のブックガイドはどう書かれているでしょうか。本の逸話もかかれていて、私の知らないことも書かれていました。 ブックガイドなので、案内されて読んでみましょう。但し、取り上げられているのは草子は中学生なので、YAの本です。

« 本へのとびら | トップページ | ひみつ »

映画・アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/53754342

この記事へのトラックバック一覧です: 草子ブックガイド1:

« 本へのとびら | トップページ | ひみつ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

7月の営業とお休み

  • 7月のお休み
    *7月2日臨時(日)・3日・10日・ 24・31 日の月曜日               *7月9日・16日・23日・30 日の日曜日は1:00〜6:00            *その他の営業時間3:00〜8:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *グループ学ぼう・話そう 定例会第1月曜日3日(月)1:30〜話し合い  *ボランティア講座 定例会24日(月)10:00〜 テーマ「お話会の小道具づくり 会員」               *憲法カフェ25日(火)3期・7月学習会「いま、福島は・報告と話し合い」誰でも・予約制             *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会12日(水)7:00〜読書会              *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会13日(木)7:00〜読書会宮下奈都「スコーレーNO4」                  *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会14日(金)7:00〜制作「手遊び」                  *絵本の会21日(金)7:00〜ロングセラー絵本の魅力           *羊毛ちくちくの会20日(木)10:00〜制作                                                                                                           

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山